スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組『愛のプレリュード』『Le Paradis!! -聖なる時間-』@大劇場

ご縁があって花組さんを初観劇。ヅカ観劇自体が初めての連れも一緒でした。
木曜日のことなのでちょっと記憶が怪しいんだけど感想など。ネタバレしてます。

◆『愛のプレリュード』
逆転裁判を担当した鈴木圭先生の大劇場デビュー作品なので逆裁ファンとして感慨深い。
その前にトップサヨナラ公演なんだけど、真飛さんをよく知らない私が感慨にふけるのも白々しいですわな。

・ストーリーについては、前半は引きこまれる部分がなくて、もうどうしようかと。
・フレディーとキャシーのやりとりがありきたりというか……かなり使い古されたセリフとシチュエーションが続いて、もう少しオリジナリティがあってもいいのにと思った。
・キャシーのキャラがステロタイプなんだよなあ。
・孤児院でフレディーが野球を教えるシーンとか、こっぱずかスィ~(*ノノ)
・でもあのクサさに身悶えることが楽しければ癖になるかもしれん……。
・キャシーがフレディーを好きになっていく過程は、蘭はなちゃんが声の調子や表情でよく表現できていたと思うけど、フレディーはいつキャシーに惹かれたの? 突然キャシーへの思いを口にしたからびっくりした。これは真飛さんが悪いんじゃなくて脚本のせいだと思う。
・キャシーが告白するシーンの衣装はもう少しどうにかならなかったんですか? おうちにいるんだから部屋着なのよと言われればその通りですけど……。
・盆とセリを使った場面転換は良いんだけど、他のシーンがいまいち。もう少し板の上に人を出しておいてもいいんじゃないでしょーか。セリフに楽しみがないせいか、登場人物が二人しか出てない、がらーんとしたシーンがやたら長く感じた。
・地下のアジトのシーンは賑やかで楽しかった。
・あと、どうしても港町を背景にしたいのな。

・終盤のストーリー展開は前半よりだいぶ良くて、ジョセフとフレディーに涙腺を刺激された。
・しかしヒロインそっちのけだな。
・ジョセフがフレディーをかばって撃たれるときさ、もうちょっと近くにいたほうが良いんじゃないでしょうか。私が観た回がたまたまそうだっただけかもしれないけど、ジョセフがフレディーの前に駆けつけるまで、ガルボが親切に発砲を待ってあげていたように見えた。
・ジョセフはもうちょっとがんばって今の相棒マウロと、想いを寄せていたキャシーに声をかけてやってから息を引き取っても良かったかも。
・でもそうしたらフレディーとの絆が散漫になるかなあ。いやでもなあ……十分濃いしなあ……。
・ジョセフを失ったフレディーにウルウル。真飛さんも泣いてたー。
・スモークが焚かれるなかでスーツの男2人によるデュエダンにすべてを持っていかれました(笑)
・あのシーンはジョセフのセリ下がりのせいで「あれ? どっちが退団するんだっけ??」って錯誤が起こった。
・トップ退団なのに壮さんがやたら美味しい気が。
・フレディーとジョセフの関係に萌える~。フレディーの腕の中で死んでいくことに幸せを感じるジョセフとか、ずっとフレディーの懐中時計持ってたジョセフとか、もうなんやねん。ヒロインの存在どうなってん。

ラストの、フレディーひとりきりでの銀橋の独白って、フレディーの人生と真飛さんのジェンヌ生活を重ねた台詞なんだろうけど、どうも唐突なような。
もっと自然に芝居の中に組み込めばいいのに、あの演出だと取ってつけた感が否めない。
私に思い入れがないからそう感じるのかも。感動したファンの人にはごめんなさい。

最終的な感想は「壮さんがカッコよかった!」でした。やー、今までまったくのノーマークでしたが、実際に舞台を観るとカッコイイねー。
真飛さんは他の人と比べて台詞が聞き取りやすくて助かる。キャシーとのラストシーン、帽子とトランクを豪快に放り出してのキスシーンにときめいた。年離れてるのでロリっぽいんだが。
蘭はなちゃんは可愛らしい。当然だけど顔も声もれーれに似てて、れーれを応援してる私は「おお…」と思った。子供っぽい役だからか、たまに声が耳にキーンとくるんだけど、れーれよりは落ち着いた声だなと思って聞いていたのであまり気にならなかった。歌は思っていたより良い。
家政婦長の一花ちゃん最高に可愛い。あれで鼻眼鏡をつけてくれたらカンペキだ。ずっと腰を曲げている役だから心配になった。あの姿勢ツラそう。
はっちさん怖い!!! なにあのナチス丸出しな人。あんなんで街歩いていいの。
鈴木先生のコロスの使い方にいつも腹筋が震える。

間違いなく名作じゃないんだけど、駄作と言い切るほどのインパクトもなく……でもツボなシーン(というか関係性)があるので、もう一回くらい観たいような気もする。そんな作品でした。
ツッコミどころの多い作品の感想を書くのは案外楽しい。
でももうちょっとストーリーと設定を練ってください鈴木先生。

ちなみに宝塚初観劇の連れの感想は、「2番手の人かっこいい」、「ヒロインの声がキンキンしててちょっとツライ」、「ばあや(一花ちゃんのこと)上手い」でした。

◆『Le Paradis!! -聖なる時間-』
・楽しくて賑やかであっという間だったー。40分くらいに感じた。(微妙)
・中詰がどこだかよく分からなくなるくらい(笑)盛り上がりシーンが多かった。
・必然的に(?)手拍子する場面も多くて手のひらがジンジンした。
・ギャルソン好きだ。壮さんかっこいい(*´Д`)
・なぜかトップコンビの絡みをあまり覚えていない……。
・真飛さんと、女役の壮さんとのデュエダンの方が印象強いってどうなの。あそこ、最後のポージングから身を起こす直前に、壮さんを支えていた真飛さんが、その手で壮さんの腰をポンって軽く叩いたのが見えて萌えた。
・いろんな場面でパックみたいな妖精がひとり飛びまわっているのって全体の雰囲気からちょっと浮いてるような。まあ、研2でああいう美味しい扱いを受けているという事実が大切なのかな。
・トップ娘役でもロケットするんだ!?
・真飛さんに会いに来たファンの女の子たち……の中に混じってる女装のでっかい子(笑)。蘭寿さんのコンサートでもあったな、そういうの。演出が同じ藤井先生だもんな。
・黒とオペラピンクが基調の衣装&セットがアダルトでかっこよかった。
・客席降りが2回あったけど2階席にいた私には関係ないぜ……。あらかじめ注意しておいたにも関わらず、何度も身をのりだして1階を覗きこもうとする連れをしばくのに終始した。
・真飛さんと蘭はなちゃんのデュエダンがあっさりすぎる気がする~。同時退団じゃないとこんなもの?
・黒燕尾の群舞はやっぱりカッコイイ! 大階段で男役の皆が「Y」の陣形をとって、サヨナラ仕様やね。真飛さん、トップになってから大劇場の大階段での黒燕尾は今回が初めてってびっくり。
・エトワールは今回退団のあまちゃきでしたよね。元宙組なので顔に見覚えがあった。いかにも娘役ってドレスが似合う可愛い子ですなあ。
・真っ白い羽根を背負った真飛さんや組子たちに拍手を送りながら、幕が下りるのを見ている間、花組に思い入れがないと言いつつも、やっぱり何か込み上げてくるものがあった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。