こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

『まさかのCHANGE?!』@シアター・ドラマシティー  

タニさん主演で七帆さんも出演されていた舞台ですよ。
大阪では19日と20日で2公演ありましたので観てきました。
2回じゃ足りん(><)。七帆さん追いかけるので精いっぱい(><)。

大楽でのインパクトある出来事のせいで記憶が吹っ飛んでるんだけど、思い出せる範囲でネタバレ感想いきまーす。

西園寺麗/(入れ替わり後)安田雅弘 <大和悠河>
◆劇団発足人の孫で主宰者。困難が起こって嘆いても、悩んでいる時間は短くてすぐ次の行動。頭の回転が速くてパワフルな印象。
◆でも主演女優の休演をごまかす方法がかなりテンパったものだったので、アイディアがベストかどうかは置いといてとにかく突っ走れ! みたいな人なのかと(笑)。
◆劇団員からはちょっと独裁的と評されていたけど、安田の脚本演出で舞台が当たった時の安田との会話から麗の器量の大きさがうかがえる。(そのシーンで麗を演じているのは中河内さんなんだけど/笑)
◆西園寺先生という女性としての演技と、安田の心と入れ替わった後の気弱な男性としての演技と、一粒で2度おいしい!
◆「作・演出・振付の西園寺麗です」って名乗るたびに音がしそうなウインクをバチッと。ファンはたまらんでしょうなあ。
◆「(チケットの売上は)もう借金返済に使っちゃったのよぉ!」って悶えるように言うのが凄くお気に入りです。
◆相変わらずの声量と抜群のスタイル。それに加えて胸…!( *ノωノ)イヤン
◆「ぼく」という一人称がまったく違和感ない。
◆クリーニングマンのイメージイラストはタニさんの素の画力ですか?
◆レズっ子4人に男役ボイスで「愛してるよ」。たまらーん!
◆好みの子はとりあえず自分より小柄な子、でしょうか?
◆麗ってレズなのに後半で安田といい雰囲気になったのは…もしかして安田の外見が(自分の顔だけど)女性になっていたからだったりして( ̄▽ ̄;

秋葉俊一/西園寺昭三 <玉野和紀>
◆秋葉さんはオープニングでタップ披露して、倒れた輝子を抱えようとしてぎっくり股関節(笑)になって退場する人。あとはずっと昭三おじいちゃん役。
◆相変わらずタップすげーです。おじいちゃん姿でも中腰でやります(笑)。
◆昭三は劇団の発足人で麗の祖父。幽霊としてちょいちょい存在を示します。楽しそうな死後ライフだな。
◆稽古場の事務室(?)に肖像画があるけど、昭三って名前、肖像と掛けてあるんだろうか。
◆杖短すぎ!
◆麗と安田の入れ替わり感電って昭三が仕組んだことだって、1回目ではよそ見してて気づかなかった…。偶然に乗じてあれこれ画策してるのだとばかり。

南島輝子/大場勝子 <保坂知寿>
◆とてもチャーミングなお芝居をされる方でした。歌うまいね~。
◆「ヤクルトレデー」(笑)。細かいところでもしっかりおばちゃんや(笑)。
◆ヤクルトの効能を説明する立て板に水の早口がすばらしかった。
◆「大場」と名乗った瞬間にオバサン呼びのネタがくると直感する逆裁ファンσ(゜∇゜ )
◆小さい体で同期入団の男3人を従えてちゃきちゃき動き回るさまが頼もしい。エネルギーのかたまりのような人だ。
◆「私はわたし」で涙腺を刺激された。あのへんのお芝居がすごく好きだ。
◆飛び出して行ったっきり、エンディングを迎えたのがちょっと消化不良なような……。あのあと麗が謝って丸く収まるんだろうけど、輝子より勝子のほうに愛着がわいてるから、あの退場の仕方は寂しい~。
◆森田とまさかの再婚の可能性!?

安田雅弘/(入れ替わり後)西園寺麗 <中河内雅貴>
◆人前で踊ろうとすると固まっちゃう残念なイケメン役。
◆翔子に「見ないから」と促されて踊るシーンが好き。翔子が後ろ向いてるかちらちら確認してるの笑った。
◆あのシーン、結局見られて中途半端な姿勢で固まっちゃうんだけど、大楽では中河内さんのバランスがぐらぐら危うくて、七帆さんがモップを渡すついでにさりげなく態勢を整えてあげてた。
◆もうとにかく麗としての演技が楽しかった。女の子取られて悔しがってるとことか最高でした(笑)。
◆聞いたところによると東京公演のあいだにメキメキ上手くなったらしくて、最初の頃をぜひ観てみたかったな。
◆安田って麗が好きなのかなぁ。翔子ちゃんがおすすめですよ!
◆入れ替わりが戻ってから、安田ってどうしたんだろ。なんか示唆されてたっけ。人前で踊れるようになったわけじゃないよね? 演出家になるの?
◆劇中では踊るシーンがあまりなかったけど、最後のショーではダイナミックなダンスを披露してました。あれを劇中で見せられなかったのはもったいないねー。
◆実は大楽の2幕って、中河内さんが派手にトチッたのが面白すぎたせいで他の記憶が吹っ飛んでいる……。カテコの挨拶もこのネタで盛り上がった(笑)。

森田信吾 <おかやまはじめ>
木村直也 <林修司>
土石大蔵 <石坂勇>

◆主演女優が倒れた劇団にたまたま訪れちゃって勧誘された個性の違う3人。
◆初登場シーンで土石が口ずさんでいる歌は毎回違うらしくておもしろかった。全パターン聴きたかったな~。ちなみに19日は宝塚ベルばらネタで「愛~♪ それは~♪ ……ラスカール!」(誤字じゃないよ)。20日の大楽は「イエスタデイ~♪ のみすぎた~♪」(前夜に打ち上げがあったもよう)でした。
◆女性キャストの中に贔屓がいる私には、彼女たちからダンスで入団勧誘される男性陣がうらやましい。
◆おかやまさんの動きがなんかいちいち可笑しいわあ。動き自体は計算してできるけど、あの体型は武器だよなあ。
◆森田には何度か泣かされそうになった。
◆森田のセリフ「疲れてるんだよ、安田くん」。大楽では状況(中河内さんがトチッたあと)にハマりすぎて大ウケでした。
◆バイク便の人なのにロミオみたいな衣装をさらっと着こなす木村…おそろしい子!
◆林さんて軽い兄ちゃん役だったけど、この人がブリミュで白哉演じたのかあ。画像検索したら結構好みな感じの兄様でした。

桜井翔子 <七帆ひかる>
◆麗の右腕というか、筆頭劇団員というか(あ、看板女優は別として)。タニさんといっぱい絡む役で嬉しい♪
◆男性劇団員がいないから男役をやっているという設定だけど、特にそういう芝居はなかったな~。
◆個性の強い劇団員のなかで中庸な人。存在に癒されるわあ。
◆あわあわしてるのがかわええ~。からかい甲斐がありそう。
◆昭三おじいちゃんが杖で突いて怖がらせちゃう気持ちがわかる(*´ω`*)
◆歌のソロパートがあって良かった。しかし一番印象に残っているのが「カモカモ Come on」なのはどうしたものか。
◆帽子を使ったダンスがかっこいいよー。
◆タップの靴、女子の中でどうして七帆さんだけ男物なんだろな。サイズがなかった?
◆しきりに額に手の甲を当てていたから翔子にそういう癖があるのかと思ってしまったけど、単に七帆さんが汗拭いてるだけか(笑)。
◆タニさんもけっこうハンカチで汗拭いてたな~。確かに冷房ガンガンって感じの劇場じゃなかった。
◆森田さんにタップ教えてる翔子の図がかわええ。(主に身長差が)
◆劇中劇でのクリーニングレディの衣装が衝撃的だった(笑)。戦隊物のピンクって感じ。にやにやして観ました(笑)。
◆大楽のカテコで玉野先生が「このメンバーでまた何かやりたい」って言ってて(リップサービスではありませんように!)、ワーッて拍手しながら、去年3月の逆裁大楽のカテコを思い出して胸がキュッとなった。(蘭寿さんの言いかけた言葉で続編も同じメンバーだと誤解した客席が一瞬盛り上がっちゃったやつ)

吉沢恵子 <徳垣友子>
◆徳垣さん、背が高いね~! 七帆さんと並んでもバランス崩れないじゃないですか。
◆ダンスシーンでは七帆さんと対の位置にいることが多くて、ついつい「徳垣さんのほうが足が綺麗に上がってる!」とか見比べてしまいました。
◆のぞき容疑をかけられた安田に蹴りを入れるという男気をみせる一方、恋する乙女な可愛らしい部分も(*゚∀゚)b
◆これでカップル成立したら劇団内全体にロマンスの匂いが……しかし女性が多いにも関わらず男性が余っちゃうという不思議。

五十嵐咲 <浅野実奈子>
小谷美穂 <飯野めぐみ>
中山みどり <後藤藍>
藤川亜紀子 <秋山千夏>

◆レズっ娘4人組! 咲ちゃんが一歩リード?
◆オープニングのミニスカ衣装が可愛いねえ~!
◆普段は麗をめぐって4人で牽制しあってるみたいだけど、共通の敵(安田)に対抗するために結託。安田が女は怖い(´・ω・`)ってならなきゃいいけど…。
◆麗は彼女たちのこと、プライベートでは相当甘やかしてそうだな~。
◆咲役の浅野さんが好みです。顔が好きなんだけど、声も可愛いし、ダンスも手足の動きがしなやかで素敵でした。カテコの時に七帆さんの隣なもんだから、ついついお気に入りの娘役を見るような目で並びを眺めてしまった。


あ~~、書きたかったことを書きもらしてる気がしてモヤモヤ。でももう思い出せない。
そういやクリエ千秋楽カテコの公式映像がYouTubeにupされていたけど、なんかあっちのほうが楽しそうな雰囲気……。
大楽と違って中河内さんが無邪気にはしゃいでいるからでしょうか(笑)。

Posted on 2010/07/25 Sun. 02:16 [edit]

category: 七帆ひかる

tb: 0   cm: 2

コメント

にゃ~~~~~~~~~~!!!

いっぱいかいてある~~^^幸せ~~。記憶が蘇ります。

楽しかったですねぇ。幸せな公演でした。あと10回くらい観たかった!

でも最後勝子さんが出て行ったまま輝子さんが戻ってきてそのまま幕は、やっぱり消化不良ですよね。知寿さんの演じ分けは素晴らしかったですが、やっぱり勝子とはっきり和解したことがわかるように終わるべきだったと思います。唯一それだけがもやもやする~

私も安田くんには翔子ちゃんがおすすめです。男性と二人でお芝居する七帆さんを初めて見てドキドキしました。
あと木村さん(出待ちで見たら予想以上にイケメンでした!)のことを「おそらくバカですよ」っていう翔子ちゃんにキュン♪七帆さんにバカって言われていいなぁ~←

URL | しいたけ #7lm2jX4s
2010/07/26 12:17 | edit

Re: タイトルなし

>しいたけさま
あと何回か観たかったですよね~。
七帆さん可愛かったですなぁ(*´ω`*)

知寿さんの勝子から輝子への演じ分け、見事でしたね。
全然雰囲気が違いました。
しっかし輝子って病み上がりのせいか、おとなしそうな(まともそうな)人で
あの濃い面々の劇団にどう馴染んでるだろうとちょっと気になりました(笑)

そういえば初めてですね!>男性と二人でお芝居
そういう目で見てなかったな~。それを踏まえてもう1回観たいな~。
「おそらくバカですよ」のセリフは私も好きでした★

URL | 駒鳥 #4M9UJOF2
2010/07/27 23:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/732-0da602fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク