スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転検事@月刊ヤンマガ7号

「逆転! 鬼々怪々(1)」
(タイトル、奇々怪々と間違えていたので修正しました。すみません~)
新シリーズ開始です。鬼伝説ですって。
以下、ところどころ腐った感想。

扉絵でまた千獄副局長が出てくるのかと思いました。

検事局に通じる裏ルートの道を間違えたらあんな山奥に行くのかえ。
出発地点も山中だったと想定すれば不自然じゃない…かな?
要するに疑問点は、一体どこからの帰りなんだ、このふたりは、ちゅうことですが。
もし警察署出発でこの始末だとしたら無理がありすぎる。

パトカー大破させたら給料に大変なドラマが起きると思います糸鋸さん…(´・ω・`)

ホテルに泊まる展開がちょっと強引なような。

抱きつきノコさんに思わず食いつきそうになりましたがいやいや食いつきませんよこんなあからさまな餌には。
餌と解釈する時点でもう思考がアレなわけですがそこは置いといてください。

鬼の石像、えらいメタボだな。

別館に行くためにエスカレーターに乗る一行の後姿が頭でっかちにデフォルメされていて可愛い。

鬼の石像とポスターのイラストのクオリティに差がありすぎる気がします(笑)

別館への連絡通路とフロントの顔色が禍々しいー!
この漫画が『うしおととら』だったら、確実に妖に襲われる展開が待っていますよ。

営業停止中の別館なら部屋数は余裕あるはずなのに、なぜ鬼祓いの儀式をする隣室に客を配置するんだ……。

ルームキーがかわええ~!

鍵を受け取りながらの会話とか、それまでの様子とか、今回のノコとミツはなんだか仲良さそうな感じがするなあ。

ていうか二人で1部屋なの? 貧乏人とちょいケチのコンビだから?
ホテル側が2部屋も使ってほしくないから? 仲良しだから?

あんな激しい異音をたてるエレベーターは御剣じゃなくても乗りたくない。

イトノコ、御剣がエレベーター苦手なことは思っても口に出さないのねー。

エレベーターが待機してる間は遠ざかってて、行っちゃったとたんにドアの前にきた御剣がなんか可愛い。

バイトの子……誰だっけ。
ああいう出かたをするってことは前に登場してるんだろうけど思い出せない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
七帆ひかるさんに愛。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。