こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宙組DC『シャングリラ』  

※ドラマシティの時の感想です。
2週間以上前に1回観たきりなので、記憶が改竄されている可能性がありますが、印象に残っている感想だけ書き連ねます。
がっつりネタバレしたりはしていませんが、微妙なとこがあるかもしれないので未見の人はご注意。

展開が、「あ~、見たことある見たことある」のオンパレード。
ああいう設定が過去に使われた数を数えたらカウンターが爆発しそうです。(スカウターのイメージ)
そこかしこに転がっている設定を手当たり次第に拾い集めて登場人物にごてごてくっつけました的な。
しかも『カサブランカ』を思わせる部分もちょいちょいあったけど……小柳先生はオマージュ作家なの?
(と思っていたら『ジュ シャント』でも、ヒロインが二人の男の間で(状況が違うけど)、「私もう、どうしたらいいかわからない!」と嘆いたりして、『カサブランカ』かよ!と突っ込みたい箇所があった。脚本家の先生たち、示し合わせて遊びを入れたわけじゃないよね?)

◆祐飛さんはカッコよかったっす。
でも最初のあたりの、記憶を失っていてちょっと途方にくれている感じ、キャラクターの輪郭がはっきりしない、おぼつかなげな雰囲気にきゅんとした。
あの人には萌えを感じる。

衣装が凝ってたっつーか、すげーセンスだ。
asahi.comのフォトギャラリーにもあったけど、もみじの柄の入った革ジャンとか。
あの服誰の? 空が持ってたのか?
奇矯さからいって、もしかしたら座長(風/十輝さん)の若いころの服を借りたのかもしれん!
すっかり都会趣味になっちゃった息子(嵐/蘭寿さん)にあげようとして断られたお下がりとかさ。

最初のあたり(プロローグ? 記憶が…)で祐飛さんが舞台でひとりになったときに高らかにタップの音が。
祐飛さんはたいして動いてないのに、鳴り響くタップ音。
一瞬、祐飛さんが玉野和紀級のタップを踏んでいるのかと目をこらしてしまいました。

前の印象より今回はがんばって(不遜)踊ってた気がする。
衣装がじゃらじゃらびらびらしてるから細かい手足の動きが気にならなかったともいえるかも。

◆すみ花ちゃんは相変わらず芝居が上手いです。
個人的にはあんまり好きなタイプの演技じゃないんだけど。って前にも書いた?
ラストシーン付近で突然、「ああぁあぁぁ!」って泣き崩れてびっくりした。
泣きの演技のスイッチ入りました感がハンパない。美雨のキャラに合う演技かなあ。
お父さんの形見のペンダント、これから先、扱いに困るんじゃないだろうか。

◆嵐役の蘭寿さん。
……ッ!(`へ´#) ……ッ!(#`д´)ノ=3
脚本家に言いたいことがいっぱいあるんだけど、どこに迷惑がかかるか分からないから飲み込む。

ダンスのキレが素晴らしいねえ。ちょっと素晴らしすぎる感もあるけどね。
近くにいたら蘭寿さんが手足を動かすたびに「シュバッ」って音が聞こえそうです。
そっとレンコンを差し出したら手刀で切れるかもしれん。実行したらしこたま怒られるだろうけど。

またレジスタンスか、と思ったんですが、『カサブランカ』のラズロとは違う感じ。
でも象徴扱いで名前だけよく出てくるところは一緒。
仲間を失って苦悩するようすが色っぽい~(*´∀`)
髪型のせいか割と若く見える。まだ少年期を脱して間もない……、すみません、無茶言いました。
だってお父さんが若いんだもん。

ちょっと把握しづらかったんですけど、美雨とは別に恋人同士ではなかったんですよね?
美雨がひそかに片想いしていた相手だというだけで。
霧(せーこ)との愛情が育っていく過程は、主人公カップルよりはわかるというか納得できる。
あの状況ならそりゃ恋にも落ちるだろう。
良かったわねルーチェ!(作品違)

◆北翔さんはあのメイクいいんだろうか。目の上の。
こち亀の両さんをずっと連想してしまっていたんですが。
髪型も変だなあ。北翔さんの弟キャラはけっこう好きなんだけど。
氷との関係にちょっと萌え要素があったんですが、私この二人ともに萌えを感じないので残念ながら食指が動きませんでした。
氷が水源の独占について(ビジネスになる、とか)話すのを聞いているときの表情の変化にゾクッとした。

そういや私、祐飛さんには萌えで、蘭寿さんには萌えと燃え、北翔さんには燃え、です。
この表現で通じるかわかりませんが。
ちなみに退団した贔屓に対しては、燃えがあるはずなのに萌えが強すぎて愛が迷走、って感じです。

◆十輝さんは蛇の目一座の座長。
あゆみさんと夫婦ってことにも驚いたけど、そのうえ蘭寿さんの父親!
しばらく見てるとまあ、あゆみさんとは年下の旦那に見えなくもない。
でも蘭寿さんと父子には絶対に見えない(笑)。
衣装が凄いなー。でも皮膚の一部のように着こなしてるなー(笑)。
車で移動する場面が楽しい! 「乗って乗って」の口調が可愛い。
キメる時にはビシッとキメる。かっこいい親父さんでした。

◆あゆみさんも婀娜っぽくて良かった。
あゆみさん、りりこ、れな(花露すみか)と歌の上手い娘役はちょっとだけど歌う場面があった。
れなは同じ場面に、役柄的によく似た立場のあゆみさんが一緒に出ているから、どうしても位負けして見える。でも大人っぽい容貌の娘役さんなのでああいう役はよく似合う。
りりこは2回歌ったかも。

◆天羽さん、胡散臭い役がすっかり板について……(笑)好きだ(笑)。
なにげに後ろのほうでゴルフのスイング練習なんてしてたりする。

◆かいちゃんは作家志望ってことで狂言回しの役割があって(こういうキャラも過去何度も見たことある…)なかなか美味しかったと思います。
が、髪型とか、見た目がちょっと好みじゃなくてその辺が私的に残念だった。
文雀と相性よさそうなのでぜひ友達になって一緒に秋葉原でパソコン物色してください。
そういや文雀があんまり印象に残ってない……大ちゃんゴメーン(;;)

◆双子設定のちーちゃんとエリ。
いつも藤咲えりちゃんの名前の表記に迷うんですが、「えりちゃん」だとファンが七帆さんを呼んでいるみたいなのでエリにします。おとめのプロフィール通り。
ちーちゃんが何だか凄く美味しい役だった。
カサブランカの扱いが微妙でがっくりしたので、今回は嬉しいんですけど、正直「え、なんでここでちーちゃん?」と単純に疑問になる場面もあった。「こんなに扱い良くていいの?」みたいな戸惑いというか。
エリ(表記慣れない…)はとってもとってもとっても可愛かった。
常に冷ややかな表情なんだけど、ふっと感情が出ることがあって、それがとても良い。
やっぱりああいう役の方がいいね! つか銀髪のかつら似合うじゃん。それなら逆裁2で原作通りの髪色にしてくれても良かったじゃん。
そういえばこの子は歌うシーンあったっけ?

◆できるだけ紅(愛月くん)に注目してみたんですけど。
カサブランカ新公で高いな~と思った声質は、今回は若い兄ちゃん役ってことであまり気にならなかった。
でもちょっとセリフが弱いような??
すみっこで蒼(りく)とセットになってリアクションとってるの観察してると、りくに比べて押し出しが弱い感じがする。
たとえば、驚くようなシーンで蒼が全身でわかりやすく驚きを表現してるのに比べて、紅は眉をひそめてちょっとみじろぎするくらい。突っ立てるだけ、というと悪く言い過ぎだけど。
ただ、空に紹介されたときの様子とか思い出すと、やんちゃな蒼に比べて紅はシャイというかクールというか、ちょっと大人しめのキャラなのかな~とは思った。蒼も紅も明るい子たちだけど。
これまで愛月くんの演技をまともに見たことがないので、この薄い感じが彼女のパーソナリティなのか、紅のパーソナリティなのか、舞台を観る目のできていない私には判断つかなかった。

狙って作られたような氷と海より、蒼と紅に萌えた私がいますよ、っと。
なんかカワイイんだよねー、初々しくて。
蛇の目一座と嵐が合流したシーンで、感動の再開を果たす嵐たちのそばで、この二人が喜びの抱擁を交わしているんですよ。
「ひゃっほー!」みたいな感じで元気にガバッとハグするとか、二人ではしゃいで嵐に抱きつくとか、そういう感じなら別にスルーだったんですけど。
上級生の演技を邪魔しないためかどうか、ひかえめな動作で抱き合う蒼と紅が、妙にぎこちないというか、しっとりした雰囲気に感じたもんだから、客席で「むほほっ(*゚∀゚)=3」ってなってました。
えー、ヅカファンの皆さん、これを腐ィルターと呼びます。

感想は以上、かな。
もうかなりウロ覚えで本当にこんな舞台だったのか自信ない……。

Posted on 2010/03/27 Sat. 19:49 [edit]

category: 宝塚関連

tb: 0   cm: 4

コメント

エリはいいですなぁ

おひさしぶりです。

プロローグのタップ音、私も気になっていたんですが、
実は元の曲に入っている、というのがオチでした。
(時計の音とかダンス中の掛け声も元曲に入ってます)

群舞の曲は風神雷神というグループの
「Pia-no-jack」というアルバムから3曲使われていますので、
(なにげに会場で売っていて知りました)
脳内群舞補完には最適かと^^

追伸:来月は逆裁がスカステ初放映ですので、
4月中は毎日逆裁ラベル作ったる!という
訳のわからない目標を立てていますので^^
冷やかしがてらのぞきにいらしてください。

URL | クレオ #-
2010/03/28 11:31 | edit

エリはいいですよねぇ

>クレオさま
おひさしぶりです!

タップ音は元曲に入っているんだろうなーと
思っていましたが、ダンス中の掛け声まで!?
あれは組子の声だと信じて疑いませんでした(汗)
掛け声くらい音消して、組子にやらせてくれたらいいのに…(; ̄з ̄)
使用曲かっこいいですよねえ。買おうか迷ってます。

そうですね、来月逆裁放送されるらしいですね~。
スカステは観れなくてグギギってなるんで、
情報を入れないようにしてたんですけど、
やっぱりあちこちから目や耳に入ってくるんですよね~(笑)

逆裁ラベル、複数パターン作ってもらえたら嬉しいなぁと
ひそかに願っていたんですが、毎日作成目標ですと!?
すばらしいです!(≧▽≦)即保存! いつか…いつか使います!(TωT)o
クレオさんのとこには、今もほぼ毎日お邪魔しているので楽しみに通いたいと思いますv

URL | 駒鳥 #4M9UJOF2
2010/03/28 22:05 | edit

駒鳥さんはシャングリラあんまりでしたか・・・。
私昨日観たんですけど、宝塚で見てみたかった画を見ることができて、感極まってしまいました。
その時代、その場所にいるんだって感じさせてくれたことが一番大きいです。
あとやっぱりゆーひさんが好きです・・・。めちゃめちゃかっこいい。うまい。歴代トップの中で一番好きな人になっちゃいました。
エリちゃんの銀髪よかったですよね!イトノコのコートの色といい、なぜ微妙に変えてくるのでしょう。何かの保険なんだろうか・・・。

URL | しいたけ #-
2010/03/29 12:34 | edit

>しいたけさま
う……(^^;
いやいや、おもしろかったと思いますよ! 客観的にみて。
私みたいなジャンルのオタク向けな作品だったと思いますし。
ただ、そうであるだけに、もう見飽きたパターンというか……。
私にとっては恋愛物のほうが普段見ないぶん新鮮に感じるようです。
あと、楽しい要素より、楽しめない要素の方が大きかったのもある、かな?

祐飛さんかっこいいですよね~。
ちなみに私は苦悩の表情が好きです(笑)

逆裁で色彩がまともになっていたのは、もしかしたらリアリティをあまり失わないようにするためだったかもしれませんね。
ただでさえ、検事がヒラヒラだったりムチ振り回してたりしますからね。
だとしたら、まったく無駄な配慮ですけどね!

URL | 駒鳥 #4M9UJOF2
2010/03/29 23:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/698-ee1f3e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。