スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シェイクスピアレヴュー -笑いすぎたハムレット-』 全体編

全体的な感想。ていうかメモ。

◆楽しかったー。
◆あくまでも斬新じゃなく鉄板ギャグの連続で、お茶の間で家族全員で笑えるノリ。
◆でも懐メロとか、世代はちょっと上か。そのなかで「24」ネタはちょっと浮いていた。
◆原作の『ハムレット』を予習しておくのとしないのとでは面白さがだいぶ違うと思う。
◆もう中村龍史さんが面白くてしょうがないのよ。存在が面白いってどういうこと。
◆土居裕子さんの歌の上手いこと上手いこと。天上から降ってくる歌声でした。
◆あの美しい歌声の「千の風になって」で笑いをとる中村脚本。
◆玉野さんのタップは凄いとしか。あんなん見たらちょっとやってみたくなるなー。
◆まず靴の底に鉄の板をはりつけて、太鼓に合わせて足をばたばたさせるところからだな。
◆懐メロといってもメジャーな曲が多いので、そんなにポカーン(゚Д゚)とはならないけど「悲惨」と「氷雨」をかけたりとか時々難しいボケが入る。
◆しかし「氷雨」のイントロですでに笑っている人が結構いたのは懐メロ世代かリピーターか。
◆ブルー・シャトー演奏して「だからジャッキーか!」は難易度高いよー。
◆大勢のタップかっこよかったなあ。(プログラムで確認するとタップ&アースタップ&クラップってやつかな)
◆タップしてる時に手拍子を促されたのは意外だったけど、小さい劇場であれだけタップの音が大きかったら問題ないか。
◆旅役者たちがすんごいアクロバットを披露してる時にうしろでドラム叩いてんのはポローニアス。中村さんやること多いね(笑)
◆高星さんが気になる。かっこいい女性ですなー。
◆国王クローディアスの台詞で一番のお気に入りは「同じ顔でしょ?」です。
◆水木英昭さんもかなり面白い人だった。
◆「お前さっき俺のこと『ホレイ』って言ったろ」って絡むホレイシオがなにやら可愛かったです。
◆墓掘りの衣装の胸元がやけにルーズで、かがむたびに胸の谷間が奥までがっつり見えていた人がいたのはお色気担当ですか? そういうの大好きです。
◆あさりど堀口氏の「おくちでマシュマロキャッチ」能力の高さに感嘆。個人的に特訓したのか、それとも芸人の基本スキルなのか。
◆キャッチできずに床に落ちたマシュマロを下手側の男性衛兵が拾ってすばやく食べてた。
◆一回口に当たって落ちたマシュマロなら間接キッス…! とか思ってた自分自重。
◆上手側の女性衛兵は拾っただけで食べてなかったのでそのへんの性差はあるようです。
◆千秋楽でクイズに解答しようと挙手した人に「何度も来てる人はダメだ」「見覚えのある顔がいる」って笑いを取ってるハムレットを見て、客席に出すクイズが毎回同じだったのは、きっとこのネタ振りだったのねと納得した。
◆千秋楽のカーテンコールで中村さん感極まってたねー。かわいいねー。
◆七帆さんの目も潤んでいた気がしたけど、こっちは気のせいかもしれん。
◆再演したいと言っていたのは本気でしょうか。
◆七帆さんの退団後の初舞台がこの作品で良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。