スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆裁リプレイ(またか)

里帰りしてるあいだに逆裁をまた最初からやりだしました。
漫然とプレイするんじゃなくて、確かめたいこと、読み取りたいことを絞ってみたんですが。
びっくりしました。自分の目の節穴っぷりに。というか脳がおかしすぎる。
確かめたいこと其の一は、「逆裁って『検察』って言葉あるのか?」でした。
言いたい事わかりました? ね、あたしアタマおかしいでしょ。
「検事局」とか「検事」とかって単語しか出てこないから、なんとなく「検察」って言葉はないのかなってイメージだけで考えてたんです。
ところが。
公判の冒頭で「検察側、準備完了しております」って毎回言ってたよ!
証拠や証人が出てくるときでも「検察側としては…」とか「検察側が用意した…」とかアホみたいに何度も出てくるよ!
いやー、これにはホントに自分にびっくりした。なんでキャッチしてなかったんだろう私の脳は。

あと、普段あまりリプレイしない1-1をやってみて、成歩堂が矢張に対して結構熱い友情を示していたことに気づいた。
矢張を指して、「弁護士になったのも、ある意味、ヤツのおかげ、みたいなところがあるんです」とか「ぼく、あいつのチカラになってやりたいんです! 助けてやりたい‥‥」とか「小学校のころからの大親友」とか「助けてやるんだ‥‥ぜったいに!」とか。熱いわあ。
確かに弁護士になったのはヤツのおかげ、というかヤツの仕業のおかげだったな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。