こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

5/18 千秋楽  

5月18日。薔薇に降る雨、千秋楽。
長いような短いような、不思議な一日でした。
朝早くからムラに行って、白い服に胸がしめつけられて、ムラ最後の公演を観て、サヨナラショー観て、深緑の袴で大階段を降りるのを見て、「悔いはありません」と言い切るのを聞いて、パレードでしゃがみ疲れて、フェアウェル行って。
いっぱい笑ったり泣いたりした一日でした。
以下、文中の「今日」はもちろん18日のことです。

『薔薇に降る雨』
千秋楽ならではのアドリブはオーランジュ男爵の3つしかしなかったですよね?
ひとつは、オフィスでジャスティンと歌いながら、男爵が机に寝転がったジャスティンの顔をのぞきこむ所。いつもなら40cmくらい離れてる顔が今日は15cmくらい(距離は適当)まで、がばっと近づいてました。タニさんがびくっとしてた気がする。
そのあと、男爵の「まあ、考えてはみますが」に対するジャスティンの「良かった!」に笑いが起きてましたが、彼らなにかやりました? そのとき私は舞台袖から登場する七帆クリストフに双眼鏡の照準を合わせ済みだったので、見てませんでした。「良かった!」の言い方がやけに大仰だなとは耳で聞いて思っていたけど。
ふたつめは、秘書のモニークに「がんばって!」って言われる男爵。いつもは戸惑い気味に振り返りながら立ち去るけど、今日は「キミもがんばれ!」って言い返してました。
モニーク役のあすちゃんは今回退団なので嬉しかっただろうなあ。
三つめが、アルヌー家主催の夜会で公爵夫人と踊るところ。男爵が公爵夫人に薔薇を差し出してました。客席拍手。よく見てなかったんだけど、あの薔薇どこから出した?

前日の前楽では「ちょっと上手くなったかな?」と感じた七年前のコンスタンタン(大海さん)の演技が、元通りになってて、え~、と思った。
あ、コンスタンタンといえば、「めでたい飲みたい」の時に盛り上がるアルヌー家ゆかりの人々のうしろで嬉しそうにニコニコしてて微笑ましい。
以下、ちょっとした妄想ですけど。
あの「めでたい飲みたい」って男爵だけ振り付け知りませんよね。
でも会計士とか投資先の会社の夫婦とか、アルヌー家と付き合いのある人たちは踊って歌えてる。
もしかしてあれ、アルヌー家の宴会芸みたいなものなんじゃあるまいか。
そんなことを考えつつ、いつも観劇してました。
男爵に楽しそうに振り付け教えてるクリストフが可愛いな~。

『Amoru それは…』
自分の好みで最近は2階席が多かったんですが、今日は1階席でした。
双眼鏡で見るにはいい席でした。フロリダが好きな七帆ファン的に。
フロリダの時にちょうど七帆さんの正面にくる席だったんですよ。距離的には遠いけど。
七帆さんが目線をまっすぐ向けてる時はずっと目が合ってる状態。
例によって客席の数十cm前の空気を見てるような視線ですけど。
前に、七帆さんの色気はだだ漏れじゃなくてストイックとか書きましたが、すみません、だだ漏れてました。
いやー、目線を正面に捉えながらフロリダ踊られると……なんつーか殺人的。悩殺。
こういう機会があると、1階席もいいな~と思うんだけど、でも1階だと七帆さんが後列で踊ってるときに前列の人に重なっちゃって姿が見えなくなることがあるんですよね。公称179cmの某氏がかぶると、もう縦も横も見えなくなる(笑)(逆裁ファン的に言うと、イトノコの陰にいる御剣状態)

ラモーナ幻想から退団者の衣装の胸にコサージュが付きはじめた。すでに涙腺がやばい。
あとはもう、ひたすら七帆さんの姿を目で追う。

サヨナラショー。これは以降は反転で。
前楽ではタニさんの経歴だけでしたけど、楽では退団者全員の経歴も出してくれるんですね。
緞帳をスクリーンにして、10人分の経歴を読み上げたすっしぃさん、お疲れ様でした。
思い出深い(というテーマだったかうろ覚え)作品に、逆裁出演者3人が全員『逆転裁判』を挙げてくれてて嬉しかった。でもらびちゃんはモエノ・クリステルでいいのか(笑)。辞めると決めたあとの公演は特に印象に残るものなんでしょうねえ…。

退団者の階段降りと挨拶。初心者の私はもちろん見るの初めて。
なんで初めての退団者挨拶で贔屓の姿を見なきゃならんのよ。
すっしぃさんが愛称で呼びかけると、「はーい」と返事した袴姿の退団者が大階段から降りてくる。
あんなあどけない声で返事するんだ……。
下級生から順に呼ばれて、七帆さんの番がきた。大海さんと悠未さんから花束を受取る。
拍手しながら、双眼鏡をのぞきながら、私の心にあるのは未練ばかりだった。
いやだ、行かないで、辞めないで、と、この期に及んでも、まだ祈るような気持ちで駄々をこねていた。
「悔いはありません」と言い切り、「ただ、別れがつらいです」と言う七帆さんに、客席から大きな嗚咽が漏れた。

……打ちながら泣いてしまって収拾がつかなくなってきたので、一旦ネットサーフィンなどしながら頭を冷やしました。
いま読み返すと、なんて湿っぽいんだ。
挨拶についてはこれで終わる。あすちゃんの貰った花がハート型で可愛かったです。

フェアウェルパーティー。楽しかったです。
大物ゲストが姿を見せたときが一番盛り上がったけど、しょうがないじゃんねえ。
袴姿の七帆さん見たって、切なさが勝って無邪気にはしゃげないんだから。こういう時に発散させてよ。
退団者挨拶のときに、客席の嗚咽につられて泣きそうになって挨拶をはしょったっていうのはマジ話だろうか。
東京では聞けるのかな。ま、東京では私も思い切り嗚咽してやりますけどね。

Posted on 2009/05/24 Sun. 16:09 [edit]

category: 宝塚関連

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/497-6f75f4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク