相棒DS

発売日に張り切って買ったものの、易しすぎて途中でちょっと飽きちゃったんで、入院中の暇つぶしにしようと思ってとっておいた。
んでクリアしました。最後までやったら私的評価上がった。第3話が好きだー。

がっつりネタバレはしてないけど、続きに隠しておきます。

チュートリアルとか親切すぎてウザーと思ってしまった。
これに加えて、プレイヤーの好きに動き回らせてくれないとか、難易度低すぎるとか……。たとえ間違えても「僕としたことが…」だけで、選択しなおせばいいし。推理ゲームとして期待すると退屈するかも。
ゲーム慣れしてない年配の相棒ファン向けって感じがした。

でも相棒ファンなら楽しめる。実写だし、声も収録されてるし。
なにより亀山くんがいるのが最高です(涙)
キャラ説明やストーリーの要所要所で、亀山くんがちゃんと相棒として必要なんだと思える部分があって、脚本書いた人は右京&薫の『相棒』が本当に好きなんだなってわかる。
特に第3話はすごく良い。詳しくは書けないけど、とにかく良い。ラストも相棒!って感じ。

それぞれのキャラにあった言動もばっちりです。この人はそんなこと言わない!って違和感がない。
伊丹&亀山の対決モードが怪獣同士の喧嘩みたいな演出で笑った。
右京さんが警察手帳を相手に示すシーンが結構あったんだけど、ドラマでは亀山くんとか陣川に任せて、自分は出さないってイメージがあったんで新鮮。

ゲーム再開時にあらすじを確認すると、捜一トリオがやりとりをするという芸の細かさが楽しい。

ドラマモードの随所に入るアイキャッチ好きだな。
シルエットの右京さんが画面の4分の1を歩く間に亀山くんが4分の3を走ってきて合流して、2人が並んでるあのシルエットになるの。

ノベルモードは1話ずつ右京と薫の一言コメントがついてるのがいい。
個人的にあの画を挿入してほしかった~ってことが何度か。
米沢にテープでぐるぐる巻きにされてる右京さんとかさ……。

おまけモードの鑑識力検定はもうちょっとバリエーションがあるともっと楽しかったのに。
コーヒーゲームは終わったあとの「お疲れ~」って言ってる課長の動きがかわいい。
どっちも現在の成績が、プレイせずに確認できないのがちょっと不満かな。

スタッフロールを見るとなんだか感動する。文字が流れていってるだけなんだけど。あの曲が好きだからかな。
最後に出てくる写真が……セピアに変わるのが……うう(涙)

クリア後におまけモードにサウンドトラックとスタッフロールが追加される。
個人的にはボイス集も入れてほしかったなー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
七帆ひかるさんに愛。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク