こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

レイトンクリア  

レイトン教授と最後の時間旅行クリア。
オウム育成に熱中。好きキャラの名前つけたので「ノコは優秀だね!」とか褒められるたびにニヤニヤ。
今回、ヒントが3つに加えてスペシャルヒントができたのは、攻略サイトに頼るプレイヤーを減らすためですかね。

声について。後半部分。
上川の上手さが際立つ後半。
佳乃は最初の印象よりずっと良くなってた。ぎりぎりラインとか言ってスマン。
小栗は小栗。ひとりだけ聞き取りづらい。
今回誰のセリフにもちょくちょくあったんだけど「……!」ってのは、無理に「くっ」とか「ぅっ」とか声入れなくても黙ってりゃいいと思う。

モロには書いてないけど、感想はどうしてもネタバレ気味になるので続きから反転(ctrl+A)で。
・ムービーがキレイだった。たまに「ジブリ(笑)」と思った。
・チェルミーとバートンの関係いいなー。「バートンの事件簿」とか大好き(笑)
・ナゾリーヌうぜえ~、そしてちょっと怖え~(笑)
・オウム「あなたの心です」。とっつぁん(笑)
・ナターシャとの会話で、まだ「ソテー」の対になる単語を覚えてなかったオウムに「『わたし』の『ソテー』です」と答えさせてしまった。
・アロマがおもろい性格になってた。
・若きレイトンとクレアは予想よりいちゃいちゃしてた。しかしその場面での主役はポール(笑)
・ドン・ポールがかっこよすぎる~。そしてかわいい。愛おしいなコイツ…!
・二手に別れよう、という場面で「わしはアロマちゃんと逃げる」と真っ先に主張して皆から却下されるドン・ポール(笑)
・3号の「はあ?余計なお世話だよ!死ねよ!バーカ!」ってボイス付の悪態が気分悪すぎる。原口のキャラに合わせたんだろうけど、ナゾリーヌといい、声当てるテレビタレントありきで要らない&むかつくキャラつくるのやめてほしい。
・黒幕のやらかした仕掛けがすげ~。富豪だからできるとかいうレベルじゃない。
・青年ルークの正体。ルークが小栗に成長するわけじゃなくて良かったと安堵。
・クラウスとレイトンの縁に萌え。
・雪降る中での結末が泣ける……この人たち、どうにかならんのかとメソメソ。
・レイトン先生はずっと山高帽でいてください。萌えも一緒に脱げちゃうから(笑)
・首相が失脚する気配がないのが納得いかねえー。
・レイトンとの別れに涙するルークが可愛いなこんにゃろ。
・完結作と思ってたら最後に「To be continued」って出たけど。劇場版へ?
・かくし扉にアンソニー(笑)ヒント出してよ!

Posted on 2008/11/30 Sun. 20:16 [edit]

category: ゲーム全般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/414-6cca628a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク