こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミツナルの話、ではないのだよ  

インテの前売りパンフをパラ見していますが。
逆裁サークルを舐めるようにチェックしてもノコミツはやっぱり見当たりませんなあ。
サークルカットを眺めていて思ったのですが、成歩堂と御剣でカプ作るなら私はミツナルかなーと。
厳密にいうとミツ→ナルですけど。(どーしても私の中で成歩堂がノマカプの垣根から出てきてくれない……)

過去から現れて颯爽と……でもなかったけど、とにかく御剣を悪夢から救い出した成歩堂なわけですよ。難関の司法試験受けて別の町から追っかけてきてまでさ。
そんな彼に対して、御剣は同性同士だとかの枷がヒョイっと取れやすい状態にあったのではないかと思うわけです。
でも成歩堂にとって御剣はあくまでも友人で、御剣自身もそれを知っているし、彼との友人関係が大切なので想いを告げるわけでもなく。
そうして日々過ごしていくうちに、いつもそばにいて信頼を寄せてくれる糸鋸の存在に思いを巡らせるようになるのです。
成歩堂に一度恋心を抱いたことで恋愛に関する固定概念が取っ払われていた御剣は、今まで見えてなかった糸鋸の、自分を見るまなざしや態度ににじむ愛情を、細やかに感じ取ることができるようになっていたわけですよ。
急に糸鋸を意識しだしてしまって戸惑う御剣ですが、そんな御剣と相対していても糸鋸の態度に変化はなし。
御剣のなかで日に日に増していく糸鋸の存在。そのことに苛立つ御剣。自分の感情が制御できません。
自分たちの関係は以前と何も変わらないのに、そう思ったとき、気づきます。
糸鋸が自分に向ける感情と同じものを、ずっと糸鋸に返していた自分に。
頑なに目を閉じていた自分を、ずっと待ってくれていた糸鋸に。
やっと自覚した御剣は矢も盾もたまらず糸鋸の

ミツナルの話してましたっけ?(ふと我に返り)
語っているうちにどうしてもノコミツ展開になるな。なんというノコミツ脳。
ナルホドくんを踏み台にしてすみません……。失恋させたわけじゃないからイイヨネー。
考えれば考えるほどありがちの罠にはまっていく、青い鳥ノコミツ(中途半端)でした。
やっぱりノコミツだったんかい。

Posted on 2008/08/18 Mon. 22:13 [edit]

category: ノコミツ+α

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/356-38b6f37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。