スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田亜美『PAPUWA』13巻

ほわ~パプワの名付け親ってリキッドだったんだあ。ウルッときちゃったぜ。
一族に閉じ込められてたソージとも扉越しに言葉を交わしてるし、まさにタイムトラベラー。
チャッピーだけ人語を話せない理由も明らかになったし、伏線や謎がどんどん消化されててすっきり。
「あんがと…親父」ってイイよシンタロ~、「あんがと」って可愛いよ~。アタシも着信ボイスに欲しい。
アラシヤマ、前からウマ子の移り気に対して「わてはシンタローはん一筋」って云ってるけど、それはラブってことなの?
変なイチゴから登場させられる女王様が不機嫌そうですよ!
うふふリッちゃんに怒られる獅子舞に萌え~。
山南たちはここでなんとな~くな雰囲気のまま近藤らと和解なんだろうか?
四人と一匹で「行こう!」の見開きページが、「ご愛読ありがとうございました! ○○先生の次回作にご期待ください!」に見えて焦った。もちろん以下続刊!

アーミンの云うとおり、一番巻数の多い連載作品になったけど、『南国少年パプワくん』から数えたら20巻目でもあるね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
七帆ひかるさんに愛。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。