こまどりの日記

オタク的生活あれこれ

志麻友紀/スエカネクミコ『神父と悪魔  煉獄の大悪魔(デモン)』  

神父と悪魔シリーズ第四弾。
相変わらず「神父と悪魔」っていうより「神父が悪魔」って感じの表紙だ。

人狼サーシャがヴェドリックにぐいぐい求婚してます。正直しつこい(笑)。
夢魔のデニスも求愛者候補になるかも。アンシャールは云うに及ばず。
そんなモテモテヴェドリックの出生の秘密がじわじわと浮上。
そんな感じの今巻。(作者が嘆きそうなあらすじ)

ネタバレ気にしない感想を徒然と。
アンシャールの女性型はアンと表記して区別してます。
・サーシャ、「お前が雌だったら」ってヴェドリックに求婚してるけど、今のままでも充分その気じゃないですか? そういうひと……好きです(´v`)
・アンって子供産めるんだー。ああ、人間と子供作った悪魔や天使がいるもんな。
 いや、でも……ヴェドリックとの子供を想像するとすごく背徳的!
・アンの胸を揉むヴィヴィに「胸なら、私もあるぞ」って、張り合うなサーシャ。それ胸板(笑)。
・オッフィーは今回も愛すべきヘタレ。オッフィーの敵が増えた分、彼の味方についてあげるキャラがひとりいたほうがバランス取れると思う。軽いフォローでいいから。よってたかって苛められてるシーンに息苦しくなるんだよねぇ。希望が持てるとしたらデニスあたりかな。なんだかんだ云ってぎりぎりで助けてくれるヴィヴィもいいんだけど。
・アンシャールが性別を変えるときに、くるりと身体を回す描写が入って、視覚的に想像しやすくなった。
・双子の弟セラミエルと身体のどこかがくっついて生まれてきたわけじゃない、というオッフィーの台詞にかすかに反応するアンシャール。なんだ? アンシャールはくっついてたんだろうか。
・ヴェドリックとデニスのほのぼのシーンはいいねえ。デニスには優しいな、悪徳神父も。
・煉獄の拷問吏が安っぽいキャラだな~。
・おお~デニスが脱皮した! ヴェドリックより指五本分、大きくなりましたよ。こりゃもう、おやすみ前の本は読んでもらえないかな。ヴィヴィに求愛してくれればアタシが楽しい(笑)。
・唇チュウは3回。(メモしてるし)

今回はヴェドリックの出自に迫った話でしたなぁ。
  天使や悪魔のように、生まれながらにしてある種の知識を持っている。
  セヴィエドと旅する前の姿は、天界の水鏡でも見れなかった。
  十二枚の光の羽を持ち、大いなる方と同質の力をふるう。
「君は人間だ」とアンシャールが名をもって保証したけど、どう考えても人間じゃありえない。
アンシャールの正体もはっきりしてないし、このシリーズ長くなるのかなあ。

あ、今月26日にCDドラマ第2弾が出るよ!

Posted on 2007/12/18 Tue. 22:10 [edit]

category: 本・マンガ・雑誌

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://irokoma.blog109.fc2.com/tb.php/199-3c7e134c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

全記事表示リンク

ブログ内検索

リンク