スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぅええ???

宙組の次期トップが発表されたんですね。
あっれー!? 素直に2番手の蘭とむさんが来ると思ってましたよ? なんでわざわざ組外から。
七帆さんも番手が上がる(この言い方あってるかな)と思って楽しみにしてたのに……。
初心者には計り知れないヅカ方式の選び方でもあるんだろうか。なんかがっくり。

でもトップになると退団カウントダウンが始まるから、蘭とむさんがトップになったら宝塚でお姿見れるのあと2、3年かもってちょっと残念な気持ちもあったんで、ならないなら、ならないで気の持ちようはある……けど。
もしかして他の組に移動とか、ありえますか?
私は逆裁とネバスリしか知らないので、どうしても蘭とむさんと美羽さんと七帆さんのトリオで宙組で見たいという気持ちがあるんですよね。

もー。宝塚わかんねえー。
スポンサーサイト

なんてこった

逆裁バウ公演の舞台写真が出てるはずと思ってキャトル行ったら、御剣写真が見事にすべて品切れでした。
で、出遅れた……orz  つか、皆わかりやすい買い方しおって!(笑)
注文すると2~3週間かかるのよねえ。
てわけで、見本でしか見れなかったけど、七帆エッジワースは写真で見ても素敵でした。

あの……どうしてもどうしても、また見たくて、とうとう東京分チケット入手しちまいました。
青年館行きます。平日だよー。月初だよー。勤め人だよー。チ○流高いよおー。
先月のあたしはまさか自分がこんなことになろうとは夢にも。(今月に入って数十回目の感慨)
夏休みも取らず、もっと有給取れと周りから言われている身なので文句は言われないのですが。
とにかく出費が、出費が……あー……。

宝塚歌劇『逆転裁判~蘇る真実~』

さて。7日と11日に観劇した宝塚版逆裁の感想です。
登場人物の名前が舞台名と原作名と交錯してて、片方しか知らない人はわかりづらいかも。
オチをがっつり書いてたりはしないけど、所々ネタバレしてるので未見の方は注意。

続きを読む

ヅカ初心者、右往左往

朝から職場に置いてある宝塚GRAPHのバックナンバーを漁る会社員……。
七帆さんが出ている号をメモメモ。
昨日DVDで見た『NEVER SLEEP』のステージ写真が載ってる2007年6月号を発掘。
雑誌開いて思い出した。あたし2007年当時も七帆マイルズ見て「この眼鏡の人かっこいいな~」って思ってたわ。
宝塚未経験ながら観劇に興味津々で「ヅカどうだった?」って聞いてきた同期と先輩に「この人がかっこよかったんですよー」って七帆マイルズを見せても先輩のほうは反応いまいち。
いっつもあたしの好みにケチつけるよあの人!
逆裁(ゲーム)を触りだけプレイしたことのある同期は同期で「で、アンタが好きなキャラはどうだったん、ほら、あの、えーと……ステテコ?」
イトノコのことかぁ――!

「歌劇」2月号にて。逆裁公演について鈴木圭氏と蘭寿さん、美羽さんのミニ対談。
やっぱり裁判のシーンでは台詞が大変だったみたいですなあ。
あたしが見に行ったときは蘭寿ニックがバーンと大声で台詞キメるところで「証人」と「被告人」を言い間違えてたもんな(笑)一瞬詰まっただけで、すぐ言い直して崩れもしなかったけど。
この対談読んでて思ったんだけど、「フィナーレ」ってのは、最後に衣装換えて歌って踊るあれのことですかね。
呼び方が分からないので、なんとなく「ショウ」って言ってたけど。
……って調べたらすぐ分かったわ。フィナーレ、ね。ちょっと過去記事いじっとこう。

なんかもう、いろいろ分かんないことやら理解不能なことが多いなあー。

買っちまった

ネットでちょいちょいっと調べて、『NEVER SLEEP』のDVDを買いました。
とうとう手を出しちまったよ、ヅカDVDに。
メインキャスト三人が逆裁と同じ面子だったからさあ~。
いやー、ホント七帆さんかっこいいスな……。フィナーレのウインクはエンドレスでリピート。
なんだこの人の素顔からヅカメイクへの豹変ぶりは。

おもしろかったですよ『NEVER SLEEP』。これも生で見たかったなあ~。
専科の人がいると深みが出るというか、舞台が締まるのね。演技が円熟してて面白いし。ブックレット見たときは「おっさん多!」って噴いたけど(笑)いやおっさんって失礼かもしれんけども。
つーかさあ、なんといっても七帆ひかるのやってる役がさあ、逆裁で七帆エッジワースが気に入った御剣好き(私だ)ならたまらんよ。
元・地方検事補で主人公(蘭寿さんね)の相棒で名前がマイルズだもんな(笑)
それで銀縁眼鏡なんだぜ! 見事な多方向ツボ押しキャラだ。トラップだ。

昨日今日と思い切りヅカできゃっきゃした。
でもタカラジェンヌは退団ってもんがあるから、うっかりファンになるの怖いなあ。

宝塚初観劇

見てきましたよ、逆転裁判。おおおおおもしろかった!!
ネタ的に楽しめるだろうとか思っててごめん! ホントおもしろかったし素敵だった!
七帆エッジワースがかっこよすぎて釘付けでした。テーマ曲は笑いのツボに入っちゃったけど。
あと1回見れるんだ~(*´▽`*) ていうかあと1回しか見れないのかあ。DVD出たら絶対買うよ。

当たり障りのないレポなど少し。
ネタバレあり感想は2回目見てからか、バウ公演が終わってからにします。

続きを読む

明日は宝塚~

昨夜のあたし、ちょっとうざいな……。
1回目の観劇はいよいよ明日だってのに、自宅から会場までのルートとか着時間とかを確認してなかったことに今更気付いた。
何時に着くのがいいのかなあ。
昼食とってから出発しても間に合うけど、向こうで食べるのもいいかもなー。
あ、でも店知らん。うーむ。

WBS

ワールドビジネスサテライトに宝塚逆裁が取り上げられるというので、番組最初からずっと見てたんですが……最後のあたりで2分ちょいしかなかったよ!
カプコンの松川さんと、宝塚の企画さん?の短いコメントがあって、キャストは舞台映像が少し流れただけ。
ノコが華麗に踊ってるわあああ(笑) 楽しみすぎる。コートの色は緑にしてほしかったっす。
宝塚側の人、「今回パフォーマンスが良かったら、本当にもう一度、御一緒させていただいて…」って言ってましたね。
パフォーマンスが良いって、基準どれくらいなんだろ。
第2弾があったとしても、今度はチケット手に入らない気がする。今回で運を使い果たした。
今日、もう見に行った人がいるんですよね。いいなあ。
でも私ももうちょっとしたら見れるのじゃ。楽しみだな~。あー楽しみだー。

泡坂妻夫さん逝去

亜愛一郎シリーズのファンでした。
ユニークな登場人物や、見つけると思わず嬉くなる小ネタ、話に張り巡らされた仕掛けなど、とても楽しませてもらいました。
日本語の妙を味わわせてくれる小説を作り出す作家さんでした。
訃報は大変残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

ジャンプ10号

WJ2009年10号。ネタバレ気にしてない感想。

続きを読む

事務官についての萌え

逆転裁判って検察事務官(“検事局”だから検事事務官か)がいない世界なんだと思うんですが、もしいたら、それはそれでオイシイのになーと思います。
事務官は検事が使う資料集めなんかもするみたいだし、よって、捜査に必要な資料を見分ける職人的な技能も必須だとか。

例えば、経験の浅い若御剣に、元は狩魔豪の相方をしていたやり手事務官がついたりして。
その人は豪が手回しして配置させた、御剣の教育係兼お目付け役だったりして。
御剣が狩魔流の思考や手段を確実に身につけていくように、さりげなく誘導してたりして。
……や、そこまでいくと御剣が単なる操り人形で萎えちゃうかな。

ものの本には事務官は検事の女房役なんて書いてあるくらい密接な関係なわけで、(あと、ドラマや小説なんかで男女ペアだと高確率でデキてるわけで…)それにノコがやきもち妬いたりすると激萌えです!

あ、ノコミツに着地した……。
プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。