スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ2008年44号

WJ44号。ネタバレ気にしてない感想。

続きを読む

スポンサーサイト

ヅカで舞台化!?

ネットニュースで写真つき記事を読みましたけど。ぶっとんだ。
NEW逆転NOTゲームはこれだったのか~。そうかそうか。
まあ、予想外だったけど、実写ならこの手のがダメージ少ないです。自分的には。
舞台をアメリカにして名前もフェニックス・ライトらしいから、別物として結構楽しめる気がする。あくまでネタとしてだけども(笑)
成歩堂…じゃなくてフェニックスは蘭寿とむさんが演じるそうで。見た目は無難なとこじゃないかと。
ラブロマンスとか言ってるけど(笑)相手は誰なんだ。
エッジワースも出るかもしれんけど、ノコは……出なくていい(笑) むずかしいだろうし。
裁判長が出るなら、やるのは専科の人でしょうな。

ジャンプ2008年43号

WJ43号。ネタバレ気にしてない感想。

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ感想
ジャンル : 本・雑誌

見る目がおかしいのか?

いそいそとTQのカプ傾向を調べてみたんですが(…)、あれっ、真田×嶋本が多い感じ?
そうなんだぁ。そういう意味では嶋本はノーマークだった。
つか私の目には真田は右属性に見えてた……。左が誰かまでは想定してないけど。
ここでもマイナー道なのか。別にいいけどね!

トッキュー!!

聞いたことあるタイトルだと思って手にとってみました。『トッキュー!!』。
やべ、ちょう面白い。19巻まで一気に読みましたが、あれ? これ本誌ではもう終わってんの? もうすぐ最終巻が出るの?
えええええおおおお……orz タイミングがいいんだか悪いんだか。
やはりというか何というか、真田さん萌えです。全体的に萌えじゃなくて燃える漫画なんだけど、真田さんは萌え対象だ。だってあの人……なんていうか……たまらん、押し倒したい!(ここらへんの感覚が腐…)
真田、よってたかって愛されてるな。本人は至ってマイペースだが。
15巻でインドネシアから戻ってきた、日焼け&髪伸びの真田がUZに似すぎててビビッた。次の回で元に戻ってくれたから良かったけども。
皆さんの鍛えられた体が素敵ですにゃー。顔はらっきょうみたいな文句言いでも服を脱ぐとムキムキ。兵悟みたいな童顔でも嶋本みたいなチビっ子でも真田みたいなしれっとしたあっさり顔でも脱ぐとムキムキ。お、押し倒したい!(だからこの感覚が…)
メグルと兵悟は子供でもないのに、なんでいつまでも「君」付けで呼び合ってんのよ。しかも気の合わないことが多いのに。かわゆいぞ。
女の子たちもか~わいいねえ~。特にFカップのユリちゃんが。
ああ……連載終わってんのか……とりあえず最終巻が楽しみです。

相棒予告映像

相棒の予告を見るためにゴンゾウにチャンネル合わせてました。
こ、これは……シンガポールに行くのかな? 亀山くんが。
海外に行くから特命係からいなくなるの? 
例えば、どうしてもしたいこと、やらなきゃいけないことがあって外国に移住するとかって展開で、心は右京さんと繋がっているというなら卒業ショックも和らぐ、かも……。かも……。
そんな風に気持ちが軟化したくらい、「灼熱のアジア」でジープ(かな?)に載った薫ちゃんがかっこよかった。

実際のところはどうなるのかよく分からんけど。
そして、何にしろ亀山くんがいなくなるならシーズン7で終わればいいと思うけど。

菊の…

あ、今日って重陽の節句。
てことは、男色の日……。いや、ちょっと言ってみただけですけども。

幸福のノコさん

昨日は結局、『幸福』連日鑑賞は止めておいたんですけど。
ああ……ちょっと後悔。今度はいつ見れるんだろう。
妙にこの映画が気になってそわそわすると思ったら、水谷さん以外にも、永島さんが気になるんですわ。
この映画の永島さんの外見って、ちょっとだけ、ちょっとだけイトノコを思わせた。私的に。
もう少しゴリラが入っていれば(笑)なお良かった。
調べたら身長が同じだったよ! 182cmだって。
やっぱりもう一回見ればよかった。ああ……。

市川崑監督/水谷豊主演『幸福』

九条のシネ・ヌーヴォXで上映していたので見に行きました。
人多かった。というか劇場が小さいんだけど。あそこ雰囲気あっていいトコだなあ。
朝イチで整理券を貰いに行ってて正解だった。(上映は17:15から)
良い作品でした。明日も上映するからまた見に行きたいけど、あれだけ混んでると、連日行くのはまだ見てない他のお客さんに迷惑かなと思う。今日見に行った人は全員入れたのかしら。

あらすじは色んなとこで読めるので飛ばして、感想……というか自分の萌えどころをチラッと。

・市原悦子がしょうもない母親役。水谷さんの母親役だった『青春の殺人者』を思い出す。
・シャワーシーンをついガン見。水谷さん、やっぱりええ身体してはる……。
・酔った後輩刑事(永島敏行)が村上(水谷豊)の頬に左手を当てたときにちょっとドキッとしたわぁ(笑) その後、両手で顔を包まれるんだけど、水谷さん顔ちっちぇー! 北(後輩な)の手が巨大に見える。
・事件の肝に気づいた村上の顔が「ウォーター!」って感じにプルプル震えてて、右京さん(『相棒』)の片鱗が(笑)。
・水谷さんじゃなく永島さんメインのシーンが思ったより多かった気がする。まあ、事件は主人公の村上ではなく、北の身の上に降りかかっていたしな。初動捜査に駆けつけた現場で北を待っていたのは恋人の……ぎゃー……。そりゃキツイわー。
・村上の子供たちがたまらなく可愛かった。小学生の娘と息子。父親が母親みたいに自分たちを置いて出て行ってしまうんじゃないかと不安に思っているさまに庇護欲をかきたてられた。

この映画の良さを未見の人にアピールできるような素敵感想は書けないんだけど、とにかくいい映画だった。
やっぱり明日も見に行きたいなあ。

者の書

買っちまった。
ネタバレっつーか、内容に触れているので注意。

続きを読む

プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。