スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おどろき逆転裁判が最終回

うおーい! まだ4回ですよ。どうしたの? おもしろくなかったから?
驚いた。まさに名に恥じぬ……ってこんなことで驚かせんな。
しかも「次号で新たな展開が!!」って若き成歩堂のシルエット。……え?
スポンサーサイト

ドラマCD『神父と悪魔 銀の森の人狼』

出ました出ました。
志麻友紀原作『神父と悪魔』ドラマCD第2弾

【CAST】
ヴェドリック…宮野真守
アンシャール(男)…関俊彦
アンシャール(女)…小清水亜美
オフィエル…平川大輔
サーシャ…速水奨
グスタフ…波多野渉
オルガ…升望
セルム…岡本信彦
カシヴィヒ…杉山大
村長…松山鷹志
御者&ベースク村の門番…杉崎亮

徒然感想。女アンシャールはアンアンと表記してます。

続きを読む

テーマ : ドラマCD
ジャンル : アニメ・コミック

SP耽溺生活

録画したSPを繰り返し見つつ正月休みに入りました。9連休だよキャホー!
あー、尾形と井上が志望動機とか聞きあってるあのシーンが何度見てもたまらん。

公式サイトでお知らせしてた一挙再放送って大阪では放送ないじゃん!(大阪在住)
大阪のラテ欄見ると1月4日の夕方に再放送があるけど、1時間しか枠ないし。
なんだよー、チェッ。

「way of life」買っちまった。V6のCD買うの初めてだ。
いいよねこの曲。「SP」の主題歌だから贔屓目になってるのかもしれんけど。
歌詞を見ると井上の歌としか思えないぜ。
しかしカップリング曲は、いかにもジャニ的なアレで残念。
もっといい楽曲を提供してあげなよV6には!(にわかファン)

オノ・ナツメ『Danza(ダンツァ)』

心のつながりや友情をテーマにした短編集。

●長靴
息子(イーヴォ)を受け入れ、親友(ミケーレ)の不在を受け入れたピッポ。
イーヴォはミケーレとピッポの思いを継いでいくのだろう。

●湖の記憶
マーティンは目薬をさしただろうか? ささなかったのではないか。
記憶を抱いていったと、そう思いたい。

●箱庭
な、なんだこの愛すべき人々は……。親父も婿もかわいい。
こんないい婿なら人種の違いなんてなんぼのもんじゃい。

●ジェラテリーアとカラビニエーリ
この話が一番好きだったな。准尉のおちゃめさんめ!
ヒゲにジェラートがついちゃってるといい。2時間くらい、それに気づかないといい。

●煙
なんて色気のある兄弟だ。
このふたりが友人同士だったらうっかり萌えているところだ。

●パートナー
相棒萌え狙い撃ち。ゴルゴ・オノに撃ち落されました。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

柴田よしき『ア・ソング・フォー・ユー』

花咲慎一郎シリーズ第…何弾だ?
花ちゃん相変わらず世話焼きというか、貧乏くじ引きっぱなしというか……。
いつか腎臓売るはめになるんじゃないかとハラハラ。
他人のやるせない人生のために涙してる場合じゃないよ。
花ちゃんはそこがいいトコなんだけどさ。
どうせ余命わずかだった男の命を、花ちゃんが背負わなくてもいいじゃないか。
練のせいにしておけよ。
でもこれからもそういう生き方をしていくんだな。おひとよしめ。

花ちゃんシリーズは魅力的な女性が出てくる。
女医の奈美とか、元妻の麦子とか、ミヤさんとか。
でも肝心の花ちゃんの恋人、理紗にはあんまり魅力を感じない。
正確に云うと、理紗の良さってまるっきり伝聞なんだ。花ちゃんからの。
他の女性は外堀からの描写やエピソードで充分魅力が伝わってくる。
理紗は花ちゃんの一人称で進むこの小説で唯一、花ちゃんがうるさいほど賞賛する女性だ。
私がそう感じるより先に花ちゃんが理紗にうっとりしてる。
だから理紗だけ、「花ちゃんからその魅力を聞かされてる女性」って印象になっちゃう。
つまり理紗の良さを私が感じるためには「ちょっと花ちゃん黙ってて!」ってことだな。
黙らないんだよなあ、花ちゃん。

練は今回もしっかり出てきた。もう楽しみでしょうがないのよね。
今回一番の見所は、麻生と花ちゃんが顔を合わせた! ってとこだったな。
一瞬目が合っただけだけど、お互い意識したみたいだし、もしかしてこれから話をする展開があるかな。練が黙っちゃいない気がするけど。
それにしても、練の弱点として麻生のことを花ちゃんに教えるなんて、勇気があるな環……バレたらボコボコにされるんじゃないか。
環と花ちゃんのあいだでは、麻生は「山内が片思いしてる男」なんだあ。その認識はどうなんだ。じゃあ、ほかのなんだって聞かれると困るけど。
麻生は練をカタギにしようとしてるみたいだけど、まあ無理よね。
できる人がいるとしたら、もしかして緑子じゃないかと個人的には思ってる。

以上、雑感でした。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

サンタレジガール

近所のスーパーでクリスマス恒例の店員サンタ化やってました。
そのせいか今日はレジがすごい混んでた。
女性店員がサンタのコスプレしてんの。もちろん女性用デザインのサンタ服。
短めのスカートに、多分自前のくしゅくしゅロングブーツ。かわいい。
これは今年初めて見たんだけど、全身真っ黒コスチュームの小悪魔風サンタもいた。
バイト女子高生はPTA対策か、帽子だけだった。惜しい。

『SP』第8話&音声解説第8回

エピソード0……はともかく、タイトルバックに出てきた「countdown to crisis」って不吉で怖い~。
内容もまさにカウントダウンだった。

訓練生時代の井上、微妙にヘルメットヘアじゃないですか?
ヒットマンのあまりの多さに演習だってすぐ気づいちゃったよ。

事件発生 十四ヶ月前
流れてるクラシック曲がすごくいいんだけど、なんだったか思い出せない……多分CD持ってるけど見つけだせなくて気になる~。
井上のデータを読む尾形。井上って養子先の姓なんだあ。養父は警察官なんだあ。へぇ。
井上と尾形の会話に燃えるちゅうか萌えるちゅうか。抑えたいい演技だ。
自分の闇を話す井上の表情とかたまらん。尾形に「嘘なんですね」っていう表情とかたまらん。
あのテロ事件のことを思い出そうとすると闇に飲み込まれそうになるという井上。
もがいても、もがいても、そこから抜け出すことができないような闇というのは、麻田に対する憎しみだろうか?
フラッシュバックの映像から察するに、井上少年は側で交わされた麻田と秘書(?)の会話を聞いてるはずだよね。にやりとした麻田の表情も。
あのテロ事件は麻田の株をあげるためのヤラセのはずだったんじゃないかと私は思ってるんだけど。それを確信させる会話を聞いた少年が麻田に殺意を抱いて、無意識に押さえつけているという推測はどうでしょう。
私の推理はたいてい当たりませんが。
井上が辞したあと、どこかにケータイをかける尾形。
「いいのを見つけたぞ」という尾形の声音が邪悪に感じた……んだけど勘違いかな。
声が低かったからかな。有望な部下を発掘したって意味なら問題ないけど、あんな会話のあとだからさ…。

事件発生 十三ヵ月前
教官に西島と尾形を引き合わされる井上。笑顔で挨拶する西島から悪意をシンクロで感じとる。
シンクロで見た西島理事官の顔こわーい!! 
あれが悪意の表情だってのは音声解説で知ったんだけど、なんで西島が井上に悪意?
警戒する井上と見つめあう尾形。あの~萌えていいスか。うん、素直になろうぜ自分。

事件発生 九ヵ月前
4係に配属された井上を見て原川さん、気に入らなさげに「なーんか顔が濃いねぇ」。
そうか、尾形が好みなんだもんな。でも普通に男前でしょ岡田くんは。
警護中、キョロキョロしてる井上に不信を抱く4係メンバー。尾形はニコニコ。
ちょっとみんな仕事中に井上を注視しすぎじゃないか(笑)。
田中またチラッと出た~。ここまでブッキングするってのは、もしかして尾形か井上を内偵してんのかと思っちゃうけど……。
井上の実力を認めた石田と笹本。山本おいてけぼり。
山本が井上を認めたのは1話になってからだからな。

事件発生 二ヶ月前
これは少なくとも4話以降だよね。都知事銃撃と病院占拠のこと云ってるから。
不吉な予言はしないでくれ山本。

事件発生 一カ月前
山西出所。それを張っていた田中。公安ってひとりで動くもんなのかな。刑事は二人組だよね。

事件発生 一日前
西島理事官が大男に首相の日程をメール!! お、お前が内通者かー!
いやいやいや大男のとこに来たのは西島が別人に送ったものの転送かも。
って慌てて違う可能性を考えてみたけど、西島の送信先のメアドが切り裂きジャック。
そんなアドレスの警察関係者はいないわな……。
西島の送信相手のメアドが「jack_the_ripper@uh3.xyzmail.com」
大男の受信相手のメアドが「jam_hi_i_sin@yu2.xyzmail.com」
田中が尾形に「念のため」となにか知らせたもよう。山西出所のこと? 一ヵ月も経ってるから違うかな。
尾形が困惑の表情ってことは……西島のことだろうか。
頭痛をこらえる井上の隣のベンチに山西が! 偶然?

事件発生 当日
何発もの銃声と悲鳴。
ここで「つづく」って! オーイつづき来年だよぉー! この状態で年越しだよぉー!

ここから音声解説コーナー
・先週のめざましどようびで原川さん大フィーチャーだったらしい。見てない。残念。
・山本は母親が選んでる動物ネクタイをしてる。マザコンだから。
・「事件発生 二ヶ月前」に山本が云ってた、オートバイとライトバンで襲ってきた誘拐未遂事件は時間が足りなくて映像化できなかったもの。

テーマ : SP
ジャンル : テレビ・ラジオ

柴田亜美『PAPUWA』13巻

ほわ~パプワの名付け親ってリキッドだったんだあ。ウルッときちゃったぜ。
一族に閉じ込められてたソージとも扉越しに言葉を交わしてるし、まさにタイムトラベラー。
チャッピーだけ人語を話せない理由も明らかになったし、伏線や謎がどんどん消化されててすっきり。
「あんがと…親父」ってイイよシンタロ~、「あんがと」って可愛いよ~。アタシも着信ボイスに欲しい。
アラシヤマ、前からウマ子の移り気に対して「わてはシンタローはん一筋」って云ってるけど、それはラブってことなの?
変なイチゴから登場させられる女王様が不機嫌そうですよ!
うふふリッちゃんに怒られる獅子舞に萌え~。
山南たちはここでなんとな~くな雰囲気のまま近藤らと和解なんだろうか?
四人と一匹で「行こう!」の見開きページが、「ご愛読ありがとうございました! ○○先生の次回作にご期待ください!」に見えて焦った。もちろん以下続刊!

アーミンの云うとおり、一番巻数の多い連載作品になったけど、『南国少年パプワくん』から数えたら20巻目でもあるね。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

『茶々 天涯の貴妃』試写会

茶々=淀、くらいしか知識のない私ですが。
和央さんを見に試写会へ行ってきましたよ。(生じゃなくて映像でですよ)
さすが、元宝塚。男役トップを張ってただけあって、声が凛々しい。
淀が甲冑姿で家康に和議を断りに行くシーンがあるんだけど、甲冑のほうが打掛よりもよほど違和感ないよ(笑)。
たま~に演技が真矢みきと似てるような。声の調子とか。ヅカの典型なんだろうか。

信長役の松方弘樹がやたら迫力あって怖いよ~。極道だよ~。
北の政所の余貴美子も違う迫力があって不気味だったな。眉がないのが効果的。
淀の姪、千姫を演じた谷村美月は、可憐で秀頼に寄せる一途な想いも好印象。『魍魎の匣』にも頼子役で出てる。
小督って茶々たち三姉妹の末妹のはずだけど、寺島しのぶじゃとてもそうは見えない(笑)。

茶々の子役は和央さんに割合似てた。
成長したら、まあ和央ようかになってもおかしくないかなって感じ。
小督の子役がすっげー可愛かった! 森迫永依ちゃん系で私好み。
成長したら寺島しのぶに……なるわけない(笑)。

徳川家康役の中村獅堂はさすがにいい演技。年老いた声色が達者だ。
しかしラストが没する前年ならもうちょっと老けてるはずでは?
女性陣とのバランスであそこらへんがぎりぎりだったのかな。
淀たち姉妹は全然老けてないもんな。

渡部篤郎の秀吉はけっこうハマってた。
桜の降る下で寝転がって茶々に弱音を吐くシーン。
切なくもある場面なんだけど、身じろぎした拍子に裾が割れて篤郎の太ももがチラリ。
連れと一緒に釘付けになってました。

戦のシーンでは血糊使いすぎ! ってくらい、血がほとばしってた。
家康による大坂城攻めでは大砲で吹っ飛ばされて血まみれの死人怪我人続出だし。
そういえば傷んだ死体とか生首とか、けっこうはっきり出てたなー。

淀の最期が良かったなあ。連れは涙がにじんだ程度だったらしいけど、私は結構マジ泣きした。
いやー、これまで茶々の生涯を見てきたからこそ活きるあの最期。…当たり前のことか。
家康に「負けた」と云わしめた見事な最期でした。

歴史に疎いうえに原作本も読んでないので、史実なのか脚色なのか分からないエピソードがたくさんあって感想に困るんだけど、私的には和央ようかの174cmの打掛姿と、寺島しのぶの貫禄ありすぎな末妹と、余貴美子の怪演が見所です。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

志麻友紀/スエカネクミコ『神父と悪魔  煉獄の大悪魔(デモン)』

神父と悪魔シリーズ第四弾。
相変わらず「神父と悪魔」っていうより「神父が悪魔」って感じの表紙だ。

人狼サーシャがヴェドリックにぐいぐい求婚してます。正直しつこい(笑)。
夢魔のデニスも求愛者候補になるかも。アンシャールは云うに及ばず。
そんなモテモテヴェドリックの出生の秘密がじわじわと浮上。
そんな感じの今巻。(作者が嘆きそうなあらすじ)

ネタバレ気にしない感想を徒然と。
アンシャールの女性型はアンと表記して区別してます。

続きを読む

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

ジャンプ3号

近所の本屋のレジに「次号のジャンプは25日(火)発売! 注意!」って
手書きの張り紙があった。土曜日発売じゃないのか。ちぇ。

WJ3号。ネタバレ感想。

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

『SP』第7話&音声解説第7回

爆発ビビッた~。なんだ妄想かぁ。ひとつのエピソードで2つ入るなんて予想外。
ああ、シャキーンした警棒は投げるんだったのか。てっきり誰かと格闘するのかと。
制止が間に合うと分かっててもドキドキしたわあ。
爆発物処理も井上がやらなきゃいけないことだったの? つーか、やっていいの?

尾形に警護解除を命じる上層部。あいつら腹立つわ~。
田中の様子がおかしかったのは、このこと知ってたからなのかな。
尾形のやりきれなさが伝わってきて切ない。

大橋にキレる尾形にうるうる。我慢が限界に来たのね。
帰り道ですれ違ったのは殺し屋の車……あの直後に殺されちゃったんだろうか大橋。
尾形さん、一度は上層部に逆らって大橋の警護を続けるとまで云ったのなら、
民間のボディーガードがつくのを確認するまで一緒にいてあげれば良かったのに。
金儲け連中は嫌いだけど、大橋役が片桐仁だから、あの見た目だけで憎みきれない。
はあ……こっちまでやりきれない気分。

ラスト、第四係のいいシーンでした。いい仲間たちじゃ。尾形、そこから外れるの?
ところで尾形にもらった飲み代は、まだポッケの中ですか? 石田さん。

次回は過去編?

音声解説コーナー
解説っていうより雑談が多くて特記することはないな……。
今回は役者の渋い演技がメインだったし。

あ、爆発物処理のとこ。
井上の部屋はバイオテロとか爆弾テロの本でいっぱい。
だから車にしかけられた爆弾を単純な作りだと判断して処理できた。って設定。
ああ、なるほど。

テーマ : SP
ジャンル : テレビ・ラジオ

『魍魎の匣』試写会

試写会行ってきました。
ちょっと感想など。大きなネタバレはしてないけど一応隠す。

続きを読む

テーマ : ☆試写会☆
ジャンル : 映画

『バッテリー』NHKでドラマ化

巧役の子が関ジャニJr.ですって。

絶望した! 好き作品ドラマ化のジャニ侵食率に絶望した!
写真を数点確認したところによると、スウィートな顔つきの子じゃないですか?
もうちょっときつい表情してる写真が見たいな。
ジャニっ子は顔や役のイメージを確認したくても、ネットに画像を載せないから不便でかなわん。

豪は誰がやるんだろうなー。まさかこっちもジャニ……ぶるり。

こそっと腐話

えすぴ第6話まで見たかぎりでは。(腐女子じゃない人は回れ右でよろしく)

続きを読む

当たって大慌て

『魍魎の匣』の試写会が当たったー! 
いま原作を読み返してます。試写会までに読み終えたい遅読の私は大慌てです。
最後に読んだのは数年前だからけっこう記憶違いをしてるなあ。
映画おもしろいといいな。前作はがっかりだったからさ……。
それにしても、メインも脇も私のイメージと違うキャストが多い。
原作の描写をまったく無視だ。美馬坂とか。堤さんの和装が見れるだけ良しとしようか。

有栖川有栖『女王国の城』このミス順位

惜しい~~!!
『このミステリーがすごい! 2008年版』がいつのまにか出てました。
有栖川さんの『女王国の城』が何位にくるかドキドキしてたのですよ。
かなりいい線いってるんじゃないかという期待で。
3位だったけど、ポイント数を見たらもんどりうって悔しがるくらい僅差だった。
1位が180点、2位が179点、3位の『女王国の城』が178点ですよ。
4位の124点に大きく差をつけて1位から3位が団子状態。
ああ……有栖川さんの作品がこんな上位にくるのは次はいつだろうか。
ま、自分が面白いと感じたものがイイわけで。本来ランキングは参照程度ですがね。

それにしても「このミス」って略し方、失敗みたいで人聞きが悪いね(笑)。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『SP』第6話&音声解説第6回

井上の「ね」と、なぞなぞがわかんない山本のようすがちょっと可愛かった(笑)。

逃げた大橋を一般人のふりで足止めする田中がカッコよく見えたー。
にこにこしてるのに、すっげ手にチカラ入ってる。
そしてハァハァしすぎな山本。
なぞなぞ分かんないし、大橋の逃亡も石田が先に気づいたし、体力ないし。
山本のカッコいいとこも見たいなあ。無理なの? 黄レンジャーだから?(笑)

大橋に、SPの仕事も金のためにやってんだろ!? 金もらわなかったらやらないだろ!? って云われて考え込んじゃってたらしい井上。
尾形に意見求めて「目の前にいるマルタイを命がけで守る、ただそれだけだ。金は関係ない」って返事に「そッスよね」。井上うれしそう♥

庶務の原川さん、尾形への恋のアプローチがんばってます。
そしてやっぱり落ちなかった経費(笑)。
井上に凄んでるとこ、尾形が見てるよ原川さん! 気をつけて!(笑)
それにしても井上だってカッコいいのに原川さんのキツイ態度。年下は興味ないの?
って思ってたら音声解説で金城さんが……。ああ、そうなの……ショボーン。

シャワールームで倒れてる片桐仁のカット、いやってほど予告で見てたけど、例の妄想かよ!
懲りずにまた騙された~!
あ、ってことは大橋の隣のコースで泳いでた&シャワールームで半裸を披露した犯人は岡田くんなわけで。
見事な筋肉でしたなあ。えへへ、もうけた気分です。

韓国人に変装=ヨンさまかよ! あやしすぎるだろ!(笑) 受付嬢の笑みは絶対失笑だよ~。

エレベータでのアクションシーン燃えた~。見てて身体がピクッとしましたよ。
1話の音声解説で、手錠忘れネタが6話でもあるって云ってたのはこれかあ。
それにしてもホント強いなSPって。

「大橋さん、あなたを死なせるようなことは絶対にしません。約束します」
尾形の「今週のキメ台詞」に感じ入るSPメンバー。
ソファに座ってる大橋を見ているのか、床に視線を落としているのか分からないけど、
伏し目がちな笹本・石田・山本に対して、視線がまっすぐな井上。ひとりだけ尾形を見ている?

予告で警棒シャキーンの井上がカッコ良かった~。
来週も楽しみすぎる。

公式サイトでエキストラ募集してるよ! 当たり前だけど東京だよ。無理だ。
行ける人、っていうか応募する人すら羨ましい~。

ここから音声解説コーナー第6回。
ゲストが増えてぐだぐだになったからって、最初の3人に戻りました。
そのとたんに間がもたなくなった(笑)。
ガンダムの話は分からーーん!!

メンバーを戦隊に例えて色分けしてた。
赤レンジャーが尾形。青が井上。黄が山本。緑が石田。桃が笹本。
絶妙だなあ。(実際や役名じゃなくて役者の名前でいってたけど、分かりやすく表記)
でも会話の流れでは、尾形は本来ここに入るべき人物じゃないっぽいね。
堤さんが「俺も入ってんのか」って云ったらしいトコとか、高井Pの「田中を入れて、赤を井上にすればいい」って言葉から察するに。ううう……。

「羊の皮をかぶったヤギ」っておもしろいなあ。

原川さんが尾形に愛想よく、井上にキツイ態度のシーンで、金城さんが解説。
「原川さんは肉食獣(笑)の勘で、このふたりがいつか敵対すると分かってる。で、尾形のことが好きだから井上にツラくあたってる」
敵対……う~うううう……(苦)
尾形がダークサイドに行くってのは確定なのね~。

金城さんの爆弾発言。
金城さんって『踊る大捜査線』のTVシリーズ見てないんだって。映画の1と2だけ。
青島&室井の関係も、よくは把握してないみたい。
本広監督と高井Pボーゼン。
そりゃビックリするよなあ。アタシもビックリした。

テーマ : SP
ジャンル : テレビ・ラジオ

『相棒』が漫画化

こやす珠世さんですって。
こやすさんが作画してる『皇室入門』の中身がamazonでちょっと見れるから、絵柄を確認したけど、わりと硬派でいい感じですかね。

この人が子安珠世名義で出してる『HANAGATA』ってマンガが、レビュー読むと気になるなあ(笑)。

ゲーム中

バニッシュが苦手です……。
旅する騎士は好きです。得意なんじゃなくて。
チェスの駒を動かしてると自分が知的な存在に思えてくる(笑)。

アニナル

ヤマトが素敵だなあ。原作以上にイイと感じるキャラは他に覚えがない。
小山力也さんの声が絶妙だと思います。
アニナルは声優にハズレがない。私的には。
原作を知ってるアニメを見てると、どうしても声に慣れるまで時間がかかるキャラって一人や二人はいるけど、NARUTOはすんなり聞ける。
キャスティングしてる人のセンスがいいのかなー。

あ、思い出した。綱手の声はちょっと戸惑ったんだったわ。

悪魔の箱クリア

ゆうべレイトン教授と悪魔の箱をクリアした。
ストーリーモードが終わったってだけでまだまだやることは残ってるけど。
ちょろっと感想。
極力気をつけてるけど、読む人によってはネタバレと感じる表現があるかも。

続きを読む

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

ジャンプ1号

わー、とうとうジャンプが1号に。一年って早い。
SQが同時発売だった。2冊一緒に買ったら帰り道重かった……。

WJ1号。ネタバレ感想。

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

『SP』第5話&音声解説第5回

尾形が面会してたのは井上の両親を殺したテロリストか。名前は山西。もうすぐ出所。メモメモ。
あのテロの真相を追ってるらしい尾形の身が心配だ。
平田満はいい役者ですなあ。

尾形のコート姿……。
SPはコート着ないらしいから、コート姿は見れないのか~って思ってたので嬉しい。
そうか、コート着ないのは警護のときだけだよな。
冬の警護のときはスーツの下にものっすごい着込んでるのかね。股引とか……。

出た~、庶務の原川さん(笑)。
音声解説によると、肉の種類を列挙してるのはアドリブみたいだね。

今回流れた「美しき青きドナウ」は合わなくないですか。メジャーすぎて変に耳につくし。

ポールのジョギング中にいたボクサー2人は踊るのパロだよね。
ここの会話で大橋(片桐仁)の居場所=SPの動向をそとに流したやつがいるのが分かる。
エピソードⅡと同じやつ? 
1話で大男や都知事狙撃した郷田がメールやりとりしてた人物と繋がってくるかも。
「SPの情報知ってるってことは、先生の筋ですかね」とポール。
先生……政治家かな。
このあとのシーンで公安の田中が出てきて、しかも大橋の情報持ってたから、一瞬「田中黒幕説」が浮かんでしまったわ。

ホテルロビーでのシンクロ映像でフジの伊藤アナがいたね。

命を狙われ警戒心いっぱいの大橋に尾形、キメ台詞。
「私たちに信頼を与えてください。私たちはそれを糧にして、命を懸けてあなたを守りますので」
かかかカッコいい~! 吊り橋状況でこんなこと云われたら惚れるよ。
山本が口あけて尾形を目で追ってたのは、台詞のカッコよさにうっとりしてたんですか?
ぼんやりしすぎて笹本に後頭部はたかれてたけど。(今話2回目)

毒味役に山本の名を呼ぶ笹本姐さん。「山本」。あの口調、いいねえ。

井上が尾形になぞなぞを出すシーンがお気に入りです。
「息」という単語をあんなにセクシーに云うひと、初めて見ました。
あのなぞなぞ大辞典は経費で落ちないと思うよ井上(笑)。

中国人に扮して隣室に泊まってる殺し屋の煙草の匂いを嗅ぎつける井上。
「ハイライトって中国でも売ってるんでしたっけ」
「分からんが……調べてみるか?」
廊下をのぞいていた井上から出た、脈絡がまったくない台詞に、このレスポンスのよさ。
この会話で尾形が井上をえらく買っているのが分かる。もしくは部下の発言を軽んじないというか。
それともアタシが尾形を高く買いすぎなの?(笑)

予告に前髪をおろした尾形が。ラブ。
いままでEDは次話映像を流してたけど、今回からは今話の未使用カットに変わったね。


音声解説コーナー第5回

犯人たちが連絡を取り合うシーンに出てきた釣堀。
「暴れん坊ママ」と「ガリレオ」に同じ釣堀を使うシーンがあって、それのパロディをやってる。
気をつけて見ると2作品それぞれの登場人物がいる。(もちろん本人じゃない)
手前の男女が上戸彩&大泉洋のニセモノだってのは分かる。奥が「ガリレオ」? 
どっちも見てないからよく分かんないや。
同じカメラワークしてるって。とことん遊ぶなあ(笑)。

金城さんが田中役の野間口さんを気に入っちゃって、台詞が増えてるって話が出た。
最終話クライマックスの初稿で田中が大活躍の脚本を書いちゃって、高井Pに軌道修正されたらしい。
って、そこまではいいんだけど、最後の最後のシーンで「なんでこいつが解決してんの?」って高井Pから入ったらしいツッコミで、田中が悪役ではないってバレちゃってない?
いや金城さんは田中を謎の人物として書いてるつもりないのかもしれないけど、アタシは怪しい人物扱いしてたのに~。

テーマ : SP
ジャンル : テレビ・ラジオ

ジャンプスクエア創刊号

もうすぐ2号がでるのにいまさら買ってしまった。
知らない作家が多くて、読むのに気疲れしたけど、けっこうおもしろい作品が多かった。
一気に読んでぐったりしてるので、2つだけ感想。

<PARマンの情熱的な日々(藤子不二雄A)
コミックエッセイ。これ、自分的にすごくツボだった。
「ワシは月~金と出勤している」って始まったから、ちゃんと毎日仕事場に出勤してんだ~って感心したのに、全然働いてないじゃん!
家を出たのが10時半で仕事場に着いたのが午後2時ってどんだけ重役出勤だよ!
しかも原稿マッシロなのに、着いてから30分もしないうちに電話で呼び出されて外出。
ゴルゴ13作者と飲んでそのまま帰宅。……大御所は違うな……。
このあいだ、スタッフって何して過ごしているんだろうか。
それにしてもスポーツジムのプールで汗を「あらって」って汚くないか。
汗ビッショリでまいっちゃてるなら銭湯に行ったほうが……ああそうか、泳ぎたいのか。
じゃあしょうがないな、藤子不二雄A先生だもんな……。
自由すぎる日常にツッコミ疲れました。

<HELLO BABY(森田まさのり×小畑健)
おもしろかった。ストーリー構築の良さはさすが森田さんです。
ネームは森田さんのから結構小畑さんが描きかえたみたいだけど、台詞だけでも森田臭が強くて、絵の表情が追いついてない感じがあった。
森田さんの描く、表情筋のやわらかそうなキャラで絵が浮かんでくるのよね。
キャラが関西弁なのが、その違和感を助長させてたかな。小畑さんの絵って標準語しか似合わないし。
でも関西弁じゃなきゃラストの一言が締まらないしねえ。むずかしいわね。
後半14頁(ネタバレになるからどのシーンからとは説明できないけど)は小畑絵でばっちりキマッた展開になってた。ここは絵師に小畑さんを選んで正解ってシーンだった。

対談を読むと、森田さんと小畑さんは「森やん」「畑やん」って呼び合う仲なのねー。
森田さんのほうがずっと格上の間柄なのかと思ってたわ。イメージで。
アタシは両氏のことをそれぞれ「森田先生」「小畑」って普段書くんだけど、今回は間をとって「さん」付けにしてみました。いまさら「小畑先生」って書くのも自分としては白々しいからな。
小畑さんは自分の絵が表情が薄いって自覚あるんだねー。特に変えようとは思わないのかな。
またコラボで読みたいなあ。小畑絵はいい原作がつくとホント映えるからね。
もちろん森田さんが描いてくれてもいいけどね。
その際は、編集長に駄目出し食らったという「AIBOが胸の内に抱える孤独について」の漫画をぜひ(笑)。
「HELLO BABY」の森田版キャライラストを見たら、やっぱり森田さんが描いたのも読みたいと思った。ただ、亜弥はもうちょっと可愛く描いてくれるといい(笑)。

あ、あとテレビブロスはテレビが見れない状況でも楽しめる雑誌ですよ!
あの雑誌でテレビ欄なんておまけみたいなもんだからね(え)。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
07年5月から「逆転裁判」ファン。ノコミツ好き。
七帆ひかるさんに愛。
関俊彦さんに癒され中。

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。