スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森川智之著『声優 声の職人』

森川さんが本を出すというだけでも驚いたのに、さらに岩波新書から刊行と知って大いに戸惑い、発売日まで気持ちが落ち着かず不安でした。
本を手に取り読み進めていったら解消されたその不安とは「いわゆるベテランさんの苦言・説教満載本だったらどうしよう……」というもので(笑)。
今思えば相手見て心配しろって話なんですけど、森川さんもいいお年なのでそういう側面が現れないとも限らない……なんてそわそわしてたんですが杞憂でした土下座。

内容は、言ってしまうと森川さんがこれまでインタビュー等で話してきたことの総決算です。なかには「これあの時の再録かな?」と感じる箇所もあり…(笑)。
それをインタビュアーがまとめた記事じゃなく、森川さんの著書としてあらためて読めるのはとても幸せです(*´v`*)
平易な言葉選びと、こちらに語りかけてくるような柔らかい文章で構成されているので、普段より読書速度を落として森川さんの声で脳内再生しながらゆったり読みたくなります。
もちろん業界人として厳しい言葉もありますが、あくまで真摯に向き合って説いているのでイヤな感じはまったくありません。

森川さんの演技論は、勝手ながら私が役者さんにこうあってもらいたいと願っていることとぴったりマッチしていることが多くて、だから森川さんのお芝居に惹かれるんだなと深く納得します。
このくだりは過去のインタビューで既出なのですが、「色気を感じさせる演技をする秘訣は、色気を出そうとしないこと」という部分。「セリフを自然に演じれば、色気が出るように台本が練られているんです」。この捉え方がとても好きで。
自然に醸し出される色気を聴き手に感じさせる技量もそうですが、与えられたホンを第一に考える役者さんであることがなにより嬉しい。

オーディオドラマの共演者に対して、芝居のなかで1mm、2mm表現を変えて突っついてみて、その演技への反応を見るというお話しは、なんだかそんなことをしてもらえる共演者がとても羨ましく感じてしまいました。
そんなわずかな差異を仕掛けて、またそれの応えを感じ取って……なんて、隠微さに萌える(*´艸`)vvvv
淫靡じゃないですよ隠微ですよ。

一部とは断ってあるけど21ページもある巻末の出演作一覧。これいいですね~。
アニメとゲームとBLCDが年代別に分けられているから「あー、あのアニメに出てたときにこのBLCDやってたのかあ」とか物思いに耽るには最高の資料です(笑)。ちなみにアニメとゲームにもBL系作品がしっかり含まれています。すばらしい。

最後にどうしても触れておかねばならないのは…………帯(笑)。デカ! デッカ!! これもう帯っていうか上部がないタイプの変形カバーやんけ。おもしろすぎる。
しかもやけにキラキラしてる(笑)。岩波さんってこういうのアリなのね。
現在、岩波書店のサイトトップではさらにきらびやかに加工された森川さんの帯写真が見れます(笑)。もうほんとおもしろい。
https://www.iwanami.co.jp/
スポンサーサイト

ドラマCD『本橋兄弟』

絵面で笑わせるネタが多いのに音声化どうなんだろ、と心配してたけど思ってたより全然イケてた。
・特に貴也に多かったけど説明的に変えてある台詞は原作通りでも理解できたと思うしそっちのほうが面白かったと思う……のは原作既読だからだろうか。
・できればもう少し細かくトラックを分割してもらいたいな~。
・兄弟二人のキャスト逆じゃない? と原作者さんがびっくりするくらい言われたらしいんだけど私もそう思った。色気があるほうが貴也で男っぽいほうが智也とおっしゃるその選定理由はキャストのお芝居聴けばまあ納得できる。頭ではわかるんだけどたぶん杉田本人のイメージがどうしても邪魔をするんだ……。でも聴き慣れると違和感なくなるので不満なわけでもない。
・めぐもトミーも店長もキャスティング絶妙。
・墓参りとかばあちゃんとか、しんみりほんわかするエピソードはやらないのね。そういうの少しだけ含みつつのギャグ中心なのね。
・CDオリキャラのつむじはなんで必要だったんだろ。
・お、二人出てるアクセルワンの子はどちらも関西出身だ。

以下は森川さん出演部分の感想。
Disc1 Track2
・Track2の途中から要司さん登場。
・予想より声高い! なんか可愛げある!(*´Д`)
・13:51 コーヒーひとくち飲んだ表現だと思うけどここの吐息良いねえ。
・「狭そうだよね…」の興奮が伝わる語尾の震えとかいちいち細かい(笑)
・「着替えて」の声エロいアカン。
・たまにイケボになるのズルいよね。言ってることアレだけど。
・貴也にスマホの画像消されてるとこ「やめっ…やめっ…」に萌える。
・森川さんの「らめえええ」いただきました!(≧∇≦)b
・「あー! ほんとに消えてる!」の直前の「うう(泣)」がめちゃ可愛い……。19:32くらいのとこ。
・は~。可愛い森川さんがてんこ盛りで幸せ(*‘ω‘*)(*‘ω‘*)(*‘ω‘*)
・「ばいばい、タカくん」の乙女度の高さヤバイ。
・嘘でしょ要司さんが本橋家に出入りするようになる展開ばっさりカットされてるー!
・ていうか全体的に要司さんの人情エピがカットされてて残念……。変態なだけじゃないのにい。
・貴也が救いをくれた子っていうのだけかろうじて入ったけど。そこのエピソードをがっつり聴きたいんじゃ~!

Disc1 Track3
・トミーと会話するときは乙女要素抜けて普通に大人な感じになるのね要司さん。
・商談前にゲイコミック買いに来る社長。
・「タカくんにさえ~」のハート付き台詞のとこも乙女にならんなあ。
・あ、でも貴也がめぐんちに来るって知ったとたん崩れた(笑)
・要貴漫画と聞いてイケボ出た~(*´∀`*) 商談はちゃんと行って(笑)
・自分が先生で貴也が生徒とか設定の提案までしとる(笑)(笑)(笑)
・女装めぐと貴也の写真見て誤解するシーンは動揺っぷりが楽しかった(*´艸`)vvv

Disc2 Track1
・なんかええ声の変態ラジオ始まった(笑)(笑)
・これ監修は入ってるけど脚本家の書き下ろしなんだよね。要司さんの変態度上がっとる。
・「もっと共同作業しよっか☆」吹いた。「っか☆」で耐えられなかった(笑)
・こんなはっちゃけてるの聴いちゃうと別録りだったのがホント残念。相手のお芝居受けながら演じたほうがレベルアップするのキレパパで耳にしてるからな……。
・本編でカットした王子カフェのエピここに入れるの? くじに当たって貴也に姫抱っこしてもらってムラっときて耳舐めちゃって怒った貴也に凄まれてゾクゾクする要司さんはここの会話で処理されちゃうのかあ(´・ω・`)

***

要司さんの言動は気持ち悪いはずなんだけど森川さんが好きなせいか可愛い~(*´∀`*)と思っちゃうんだよな~。困るな~。可愛いな~。
要司さんが本橋家で同居するようになる流れと、貴也との出会いが絡むヘヴィな過去エピがごっそりなかったのは第2弾のために取ってあると思いたい、けど無理かなあ。
次の展開があるとしても公式がもう雷神とリーマンのほう向いてるし、森川さんがフリトで制作に探り入れてた感触もなんか微妙そうだったし……。
とりあえず可愛くて面白おかしい森川さんが聴けたので贅沢言わず満足しときます!

『B: The Beginning』

Netflixオリジナルアニメです。全12話一斉配信されています。
観たかった動機が「森川さんが出るから」だけだったので、事前情報ではチョイ役っぽいと感じたギルバート・ロスというキャラのために馴染みのないNetflixに登録するのを躊躇してたんですが……観て良かった!
ファンタジーとサイコ・サスペンスの融合作品ってとこですね。
用語とか難しくて、1周目も十分面白かったけど2周目のほうが細かいとこ気づけて楽しめた。あとこれは2周目11話に入ってからようやく気づいたけど字幕表示したら台詞を文字で追えるんですね。これは理解しやすい。でも1周目は字幕なしをおすすめしますが。
1話からちょいちょい顔を出すギルバートが本格的に出張ってくるのは9話から。出番少ないように感じますが、いやもう最高でね……森川さんのお芝居が。
ギルの登場シーンをあれこれ感想言うとサスペンス部分のネタバレになってしまうので気軽にTwitterで呟けない。そのストレスでブログに吐き出すことにしました。

以下、自分のための覚書。2周目観た後の感想です。盛大にネタバレしてます。
といっても森川さん森川さん言ってるだけなのでギルへの言及が大半です。作品に対する深い考察とかありません。(潔し)

続きを読む

七帆ひかるバースデーパーティー&サロンコンサート

昨日開催されたバースデーイベントに行ってきました!
七帆さんの誕生日当日に歌声聴けて、お祝いの言葉も直接伝えられるなんて幸せ~。
えっちゃんこと大海亜呼さんが司会をされてて、同期ならではのほのぼの空気に和みました(*´∀`*)
アラジンとミーマイの2曲では七帆さん&えっちゃんのデュエットも聴けて嬉しかった!
『瞳の中の宝石』は七帆さんが歌うの聴くの初めてじゃないのに、どうしてか今回が一番ときめきました。男装してるわけでもない七帆さんが美青年に見えてきて、「愛している 愛している」と繰り返しあの美声で歌われてポ~~~(*´艸`)ってなった。
宝塚でおなじみの曲はもちろん素晴らしいんだけど、七帆さんがリクエスト受けて選んだ曲もまた良いんですよねえ。さだまさし氏の『いのちの理由』と『奇跡』は泣きそうになっちゃったので、がんばって涙をこらえてながら聴きました。泣くと鼻すすっちゃうから;
『奇跡』は七帆さんが途中で一度詰まっちゃって、喉がどうかしたのかと一瞬思ったけどあれは泣いてたのかな? 私の席からだと遠目だったので自信ないんですが。
あ~~~~~CDにしてほしい! エンドレスで聴き返したい! なんかこう著作権をどうかしてクリアしてなんとかできないもんですかね。(知識ないから要望もあやふや)
あっ、いま思い出したけど、七帆さんコンサートのとき逆転裁判の香水つけてるって言ってた! 御剣怜侍イメージの。逆転裁判グッズもう追いかけてないからちょっと調べただけだけどカプコンカフェから出てるやつかな? 七帆さんが今も御剣でいてくれるのものすごく嬉しいvvvv

翌19日(今日だ)も茨城のホールでチャリティーコンサートに出演されてたんですけど、私は行く予定を立てられず帰阪しました……無念。
でも来年1月か2月に関西でイベントするってチラッと告知あったので! それまでがんばって生きる!

七帆ひかるサロンコンサート2017 in第一ホテル東京

行ってきた! そして帰ってきた! コンサート最高だった~~~~~(ToT)
昼はえっちゃん、夜は大ちゃんが来ててMCでいじられてました。昼は七帆さんの視線を追いやすい席だったから気づいたけど、歌いながらえっちゃんに深い笑みをちょいちょい向けてた。大ちゃんにもきっとそうしてたんだろうな~。目をきゅっと細めてほんとに特別な笑顔って表情なんですよね。かわいい(*´∀`*)

歌はね……歌は最高でした。選曲も歌声も最高でした。しみじみ噛み締めてます。1時間なんてすぐ過ぎちゃうよ~;;;
正直言うと少し不安もあったんです、なんせブランクが長いから。前より声が出なくなってるんじゃないかなとか。僭越ながらもそんな心配。でもまったくの杞憂でした!
以前と変わらぬ柔らかで伸びやかな歌声。変わったとしたら、良い方に変わった。年を重ねた分、渋み…と言うにはまだお若いですね、深みが出たと言いましょうか。ますます素敵になった歌声を聴くことができました。
また選曲も本人の声質によく合うしっとりとした名曲揃いで……堪能しました。幸せ。
MCではプライベートのお話しも出て、いままでほとんど謎だったので聞けて嬉しかった。ご家族のこととかネットに書かれるの好まないかもしれないので、ご本人がインスタで発信する以外のことは、ここに書くのやめておこうかなあ。
でもひとつだけ話題にしたい! 娘さんがバレエ習ってるって。……今4歳でしょ、あと十数年したら宝塚に……なんて夢見ずにはいられない。劇団に入れたいとかそんな話はなかったけど、もし入団したら全力で応援する所存です!!

やっつけ写真ですみません。ホテルにて。
第一ホテル東京にて まさこさんフラワー
まさこさんからのお花はとっても「らしい」メッセージカードがついてて和んだ(*´▽`*)

コンサートプログラム
お見送りの時に手渡してくださったプログラム。アンコール曲は『夏の終わりのハーモニー』でした。また聴きたい……。
プロフィール

駒鳥

Author:駒鳥
猫大好きな腐女子。
いろんなことに腐ネタを絡めるので嫌いな人はご注意。
七帆ひかるさんに愛。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。